疲れ・ストレスを癒すおすすめアロマ!おすすめ精油の使い方でリラックス効果♡

みなさんは何で疲れやストレスを解消していますか?中々疲れやストレスが取れない、また自分が癒される方法が分からないというお悩みはありませんか?疲れやストレスに効果的な精油と使い方を紹介します!精油の選び方に迷ったらぜひ参考にしてみてくださいね!みなさんの生活ペースに合った使い方をぜひ取り入れてみてくださいね!

>

誰しも疲れやストレスをお持ちですよね。

みなさんは何で疲れやストレスを解消していますか?

中々疲れやストレスが取れない、また自分が癒される方法が分からないというお悩みはありませんか?

そんな方におすすめの「アロマでリラックス=アロマテラピー」!

疲れやストレスに効果的な精油と使い方を紹介します!
みなさんの生活ペースに合った使い方をぜひ取り入れてみてくださいね!

ストレス対策にはこの精油がおすすめ!リラックスからリフレッシュまで!

仕事や勉強、恋愛などさまざまな事から私たちは日々ストレスを受けますよね。
ストレスがたまってしまうと、身体の調子が悪くなったり気分が落ち込んだりと様々な形で不調が表れてしまいます。
そんな時は緊張した心と体を解放リラックスさせてあげるのが一番です!
おすすめの精油と使い方を紹介しますね!

ラベンダー

ラベンダーの精油は、たくさんある精油の中でも特に人気が高く、アロマ初心者の方でも馴染みやすい香りの精油です。

疲労感を緩和してくれたりイライラして高ぶった気持ちを落ち着かせてくれます。
また、柑橘系やフローラル系の香りとの相性が良いので、ブレンドして使うのもおすすめですよ!

■効能・・・リラックス効果、自律神経のバランスを整える、鎮静作用、鎮痛作用、皮膚の修復作用、抗菌・殺菌作用、防虫効果、安眠効果
■香り・・・爽やかな、ほんのりとウッディーなお花の香り

イランイラン

イランイランの精油には気持ちをリラックスさせる働きがあります。
香水にも多く使用される香りです。
柑橘系・樹木系の精油やラベンダー、ジャスミン、などと香りとの相性が良いのでブレンドして使うのもおすすめ!

■効能・・・イライラ・不安・緊張を和らげる等の精神状態の安定、皮脂分泌を抑える、頭皮を強壮、ホルモンのバランスを整える、催淫効果
■香り・・・エキゾチックな甘みのある濃厚な香り

スイートオレンジ

スイートオレンジの精油は柑橘系の香りが明るく前向きな気持ちにさせてくれます。
ストレスや落ち込んだ時におすすめの精油です。
また、リラックス効果もあるので睡眠時のリラックスアロマとしての使用もおすすめですよ!

香りは、ラベンダー精油と相性が良いのでブレンドして使うのもおすすめ!

■効能・・・緊張を和らげる、イライラ解消、不眠、消火器の働きを整える、抗菌作用、鎮静作用
■香り・・・爽やかで甘く、ジューシーな柑橘系の香り

ネロリ

ネロリの精油はリラックス効果があるのでストレスの解消に適しています。
柑橘系の香りがリラックスさせてくれて不安な気持ちを取り除いてくれます。
また、ラベンダーとも香りの相性が良いのでブレンドして使うのもおすすめですよ。

ネロリの精油は大量の花からわずかな量しか取れない貴重な精油といわれています。

■効能・・・ストレス・緊張を和らげる、自律神経を整える、鎮静作用、新陳代謝を高める、女性ホルモンを整える、
■香り・・・爽やかな柑橘系の香りと甘みのあるお花の香りを混ぜた優雅な香り

ベルガモット

ベルガモットの精油にはリフレッシュ効果があります。
また、鎮静作用もあるので緊張した気持ちを和らげてくれたり心を落ち着かせるのにも役立ってくれます。

様々な精油と香りの相性が良いので、お好みの精油とブレンドして使うのも楽しいですよ!

■効能・・・リフレッシュ、鎮静作用、高揚作用、消化促進、健胃作用、抗菌作用
■香り・・・甘みのあるフルーティーな柑橘系の香り

ペパーミント

ペパーミントの精油はメントールのスッキリとした清涼感のある香りが特徴です。
リフレッシュ効果が高いので、気持ちが行き詰ったときにおすすめの精油です。
柑橘系・樹木系、ラベンダーと香りの相性が良いのでブレンドすると清涼感もありながら香りの変化も楽しめますよ!

■効能・・・リフレッシュ効果、ストレス・疲労感の緩和、眠気を抑える、集中力を高める、呼吸器系の調子を整える、抗炎症作用、防虫効果、健胃作用、
■香り・・・すっきりとした清涼感のあるミントの香り

クラリセージ

クラリセージの精油はリラックス効果があるので疲れにおすすめの精油です。
心や体の緊張を和らげてくれます。
柑橘系・フローラル系の精油との相性が良いのでブレンドして使うのもおすすめ!

■効能・・・精神を高揚させて幸福感・陶酔感を与える、全身のリラックス、女性ホルモンのバランスを整える、鎮痛作用
■香り・・・ほんのりとお花の香りを含んだ、芳ばしくスパイシーさのある香り

ローズマリー

ローズマリーの精油は爽やかなハーブ系の香りが脳の神経を刺激してくれます。
そのためストレスや疲労をスッキリとさせてくれる役割があります。
また、集中力をアップさせたい時にもおすすめの精油です。
柑橘系・樹木系と香りの相性が良いのでブレンドして使うのもおすすめ!

■効能・・・全身を強壮・刺激して活力を与える、リフレッシュ効果、記憶力を高める、血行促進、発汗促進、新陳代謝を促進、疲労回復、抗菌作用、消臭効果
■香り・・・スッキリとした強い緑の、ハーブの香り

ユーカリ

ユーカリの精油は清涼感のある独特なハーブの香りがリフレッシュ効果を発揮してくれます。
疲労感が強いときにおすすめの精油です。
また、集中力アップにもおすすめです!
柑橘系、サイプレスと香りの相性が良いのでブレンドをして使うのもおすすめ!

■効能・・・リフレッシュ効果、集中力を高める、呼吸器系の調子を整える、防虫効果
■香り・・・清涼感のある鋭くクリアな香り

レモン

レモンの精油はフレッシュで爽やかなレモンの香りが全身をリフレッシュさせてくれます。
アロマ初心者にも人気の精油の一つです。
馴染みのある香りなので使いやすいのかもしれませんね!
樹木系、ペパーミント、ラベンダーと香りの相性が良いのでブレンドをして使うとさらに豊かな香りを楽しめますよ!

■効能・・・リフレッシュ効果、集中力を高める、抗菌・抗ウイルス作用、皮膚の引き締め効果、皮脂分泌のバランスを整える、消化器系の調子を整える、血行促進
■香り・・・爽やかなレモンの香り

レモングラス

レモングラスの精油はレモンの精油ほど鋭さのない爽やかな香りで疲労回復してくれます。
リフレッシュ効果が高いので、緊張や疲れた心を前向きにしてくれます。
また、イライラの改善にもおすすめです。
ラベンダー、ブラックペッパーと香りの相性が良いのでブレンドをして使うのもおすすめ!

■効能・・・リフレッシュ効果、疲労回復、代謝と血行を促進、防虫効果、鎮痛作用、健胃作用、消化器系の調子を整える、皮脂分泌のバランスを整える、
■香り・・・爽やかな緑を思わせる、酸味の強すぎないスッキリとしたレモンの香り

ストレス・疲れに!簡単に取り入れられる精油のおすすめ使い方

使用したい精油が決まったら使用方法を知って普段の生活に取り入れてみてくださいね!
精油の簡単な使い方は芳香浴や沐浴法です。
アロマ初心者さんは芳香浴や沐浴法から取り入れてみるといいかもしれませんね!

精油のおすすめ使い方!芳香浴でリラックス&リフレッシュ!

精油のおすすめ使い方!沐浴法が気持ちいい♡

おすすめは精油を使ったマッサージオイル!

ストレスがたまっていたり疲れているときにおすすめの精油の使い方は、精油を使ったマッサージオイルでの全身マッサージ!
香りに癒されるだけではなく、それぞれの精油が持つ効能を知って取り入れるとより効果的ですよ。

<精油を使ったマッサージオイルの作り方>

■キャリアオイル・・・20ml
■精油・・・8~10滴ほど(ブレンドする場合は合計で8~10滴になるように)

肩や首、脚などのマッサージをするのに使ってみてくださいね!

ちなみに私はスイートオレンジとラベンダーをブレンドし、キャリアオイルは保湿効果や炎症を起こしているお肌にも使えるアプリコットカーネルオイルを使用したマッサージオイルを使用中です!

手作りのマッサージオイルはその時の気分や体調に合わせて香りや効能を選べるのが良いですよね!

アロマテラピーを上手に取り入れてストレス対策!疲労解消!

精油にはそれぞれ効能がありますよね。
ご自身の体調や気分に合わせてアロマテラピーを取り入れることで、もたらしてくれる効果は嬉しいものがたくさんあります!
ぜひ生活の中にアロマを取り入れてみてくださいね!

この記事で使用した材料




ラベンダー精油





イランイラン精油





スイートオレンジ精油





ネロリ精油





ベルガモット精油





ペパーミント精油





クラリセージ精油





ローズマリー精油





ユーカリ精油





レモン精油





レモングラス精油





アプリコットカーネルオイル


この記事と一緒によく読まれています!

臭い対策の救世主!精油で消臭力抜群スプレー!生ゴミの臭い・コバエがいなくなる♡

アロマテラピー 沐浴法で楽しむ

精油でヘアケア!髪の毛・頭皮のためのおすすめ精油

風邪ではない倦怠感・疲労感 体調不良は精油で改善してみませんか?

香り作りが楽しくなる♡精油をブレンドしてみましょう!香りの特徴表

水溶性アロマオイルの使い方 精油(エッセンシャルオイル)との違い

FaceBookに登録する