メイク初心者さんにも!美肌のための化粧水・基礎化粧品の選び方

お化粧をする日、お化粧をしない日問わずほぼ毎日使う基礎化粧品。美肌のためにはどのようなことに注意をして基礎化粧品を選んだらいいの?メイク初心者さんにも分かりやすい美肌のための化粧水・基礎化粧品の選び方を紹介しますね!メイク初心者さんもベテランさんも化粧水・基礎化粧品を正しく使って美肌を作りましょう♡

>

お化粧をする日、お化粧をしない日問わず基礎化粧品はほぼ毎日使いますよね。
基礎化粧品を選ぶ際は、どのようなことをポイントに選ぶと良いのでしょう?

お肌に直接、しかも毎日使う基礎化粧品なので、ありのままのお肌をなるべくいたわるようなものを選びたいですよね。

今回は、毎日使う基礎化粧品の選び方を紹介しますね。

素肌をいたわるための基礎化粧品にもっちりしっとりは本当に必要?

化粧水や基礎化粧品にしっとりもっちりとした保湿感を求める方は多いのではないでしょうか?
乾燥はシミ・シワの元ですし、パーンとハリのあるもっちりとしたお肌は健康的ですよね。

しかし、そのしっとりもっちりとした保湿のための成分は本当にお肌のためになっているのでしょうか・・・

皆さんは基礎化粧品を選ぶ際には、油分や合成界面活性剤などに注意をして成分表を見たことはありますか?
油分や合成界面活性剤はお肌の刺激になることも多く、自分の皮脂が出にくくなり皮膚の免疫力が低下して乾燥したり、乾燥がシワの原因になることもあります。

せっかく美肌を目指して使用した化粧水や基礎化粧品で逆の結果になってしまうのは非常に悲しいです・・・
また一度起きた肌トラブルを回復させるのには使用していた成分の蓄積により倍の時間がかかることもあります。

そのしっとり感は一過性!乳液・美容液の合成ポリマーが皮膚環境を破壊させる!

59586293759991e57653e4c52de07d87_s

皆さんは基礎化粧の際、乳液や美容液は使っていますか?

実は、乳液や美容液は変質しやすいので、合成界面活性剤や保存料、酸化防止剤などが含まれています。
また、粘り気を出すための増粘剤としてシリコン系の[シクロメチコン]と言う合成ポリマーなどが含まれています。
この物質は「皮膚環境が破壊される」と言われています。
合成ポリマーとは、石油から作られる化合物がたくさん結合した状態です。
シクロメチコンは合成樹脂で、皮膚に密着して強い皮膜を作ると言われています。
そのため、化粧品の安定が増して化粧くずれがしにくくなるというメリットがあるので、化粧品に多く使われています。
しかし、皮膚呼吸を妨げるなどの問題があります。

しっとりもっちり感が欲しい場合はグリセリンベースがおすすめ!

では、しっとりもっちり感がないと不安・物足りないという場合はどのような製品を選べば良いのでしょう?

化粧水や基礎化粧品にしっとりとした使い心地を求める場合は、成分表を見て「グリセリン」がベースになっているものがおすすめです。
グリセリンはお肌への刺激や負担が少なく、しっとりもっちりとした保湿感があります。

商品の裏の成分表は配合量が多いものから順番に書かれています。
グリセリンが2番目3番目の上位に書かれている場合は、グリセリンベースの商品と言えるのでおすすめです。

基礎化粧品選びに迷ったら!メイク初心者さんにも分かりやすい美肌のための基礎化粧品の選び方

油分・合成界面活性剤が入っていないもの

皮脂分泌を妨げ、ますますお肌を乾燥させてしまいます。
また、自身のお肌の機能の低下にも繋がります。

「乾燥肌用」はNG!

「乾燥用」と書かれているものは、乾燥を防ぐために油分・合成界面活性剤が配合されている可能性が高いです。
しかしお肌本来の機能を高める成分ではないのです・・・
ボトルを振ってみて泡がなかなか消えない場合は油分や合成界面活性剤が配合されているようですね。

タール色素は要らない!

化粧水・基礎化粧品には色の付いていないものを選びます。
アレルギーや炎症の原因となる可能性が高いです。
基礎化粧に色素は必要ありませんよね。

香料も含まれていない方が良い

肌トラブルがある場合は、香料が炎症の原因になる可能性があります。

エタノールを使用していないもの!

エタノールはお肌を引き締めたり余計な皮脂や汚れをとったりすることが得意です。
しかし、お肌の引き締めは一時的なものですしエタノールは刺激性もあります。
またエタノールは揮発性があるので蒸発する際にお肌の水分も一緒に蒸発してしまいます。
エタノールは乾燥の元になる可能性が高いです!

最初と最後の成分の表示を確認する

配合量が多い順番に並んでいる成分表示。
最初の方の成分を調べればどんな商品かがわかります。また、タール色素やパラベンなどの発がん性や環境ホルモン作用のあるものは配合が少ないので、最後の方に書いてあることが多いです。
成分表示の数が少ないほどお肌への刺激も少ないです。

基礎化粧はお肌を労わり大切にするためのもの!お肌本来の機能を妨げないで

大切なことは、ありのままの自分の肌を大切にしていくことですよね!
せっかくの美肌作りが間違った方法だと何年後かに残念な結果になることもあります・・・

お肌が綺麗な人は清潔感があり、『きちんとしてる!』という印象がありますよね。
自分の身体を労わることのできる女性を目指しましょう♡

この記事と一緒によく読まれています!

ジルコスメ♡ジルスチュアートのボディパウダーが幸福感抜群♡

ニベアリップバームの甘い香りで癒される♡冬におすすめニベアリップ

金箔パックは想像以上の保湿効果♡好奇心が美肌美白に!

ミネラルピグメントの使い方②!万能なオンリーミネラルのミネラルピグメントでアイメイク♡

プチプラクリームアイシャドウで忙しくても濡れツヤ!プチプラで好発色♡

お肌を白くする宣言!美肌の日本酒化粧水♡おすすめはこれ!

FaceBookに登録する