発色が良い!リップグロスの作り方♡荒れない・好発色・薄づきからガッツリまで!

冬は乾燥するから、夏は紫外線の影響だから、リップスクラブで綺麗になるから、と唇の荒れを無視していませんか?!手作りのリップグロスは、《唇が荒れない・コスパ良・欲しい色が何個も作れる・薄づきからガッツリまで》ととっても都合が良い!今使っているリップグロスでいつも唇が荒れてしまう、縦じわが目立つ、という人には手作りリップグロスがとってもおすすめです!

>

唇の荒れを無視しない!

唇の荒れの原因はもしかして今使っている口紅・リップグロス

冬は乾燥するから、夏は紫外線の影響だから、リップスクラブで綺麗になるから、と唇の荒れを無視していませんか?!

唇の皮がめくれていたり、乾燥する原因は今使っている口紅やリップグロスなどに含まれて居るタール色素などの合成界面活性剤かもしれません。

口紅やリップグロスの成分表に書かれている『赤色○○号』『黄色○○号』などの表記は見たことがありませんか?

これらは石油から分離して合成されたタール色素というものです。
この色素は口紅やリップグロス、チーク、ファンデーションやクリーム、アイシャドウなどの化粧品に使われています。
タール色素の多くは皮膚障害の原因となることが分かっています。
また、黒皮症の原因となったり光に当たると皮膚への刺激、発疹などができるなど強い毒性があります。

さらにこれらの化粧品に使われている色素は発ガン性が疑われています。

多くの口紅やリップグロスはこれらの色素と油性成分、合成界面活性剤を混ぜて作られたものなのです。

温めて混ぜるだけ!リップグロス作り方

荒れない・好発色・コスパ良・薄づきからガッツリまで♡
ご都合リップグロス

DSC_1334

手作りのリップグロスは、《唇が荒れない・コスパ良・欲しい色が何個も作れる・薄づきからガッツリまで》と、私にはとっても都合の良いものなのです!

今使っているリップグロスでいつも唇が荒れてしまう、縦じわが目立つ、という人には手作りリップグロスがとってもおすすめです!

手作りのリップグロスに使用する、オイルやミツロウ、色味を調節するマイカの量などを調節すれば、固さやツヤ、発色の濃さなどを都合の良いように変化させられるので、季節やイベントなどに合わせて何個作っても楽しいですよ♡

以前簡単に作れる口紅・リップグロスの作り方をご紹介しました。
こちらはワセリンをベースにした、よりシンプルな材料でとても簡単なものです。
荒れない&乾燥しない口紅・リップグロスの作り方

今回はこのレシピよりもさらに荒れない・好発色を意識して作りました!
色々な分量でリップグロスを作ってみましたが、今回のレシピが一番固さも発色も潤いも!理想的な仕上がりになりました♡このレシピはとてもお気に入りです♡

材料

■ミツロウ・・・2g弱
■キャリアオイル・・・5mlほど
■グリセリン・・・2滴
■グレープフルーツシードエクストラクト・・・1〜2滴
■コラーゲン液・・・2〜3滴
■カラーマイカ・・・お好みの色合いになるように何種類か用意するといいですね
■(フレーバーオイル・・・香りをつけたい場合2〜3滴ほど)

グレープフルーツシードエクストラクトは天然の防腐剤です。
こちらを加えると手作りのコスメの持ちがよくなるので、2・3ヶ月は大丈夫のようですよ。
もし入れない場合は2〜3週間ほどの量を目安に作ることをオススメします。

キャリアオイルは、保湿効果の高いアプリコットカーネルオイルを使用しました。

作り方

①ミツロウ・キャリアオイルを耐熱容器などに入れて湯煎をします。
ミツロウが中々溶けないのですが、この時しっかりと形がなくなり液体状になるまで溶かしておかないと、出来上がりの時に邪魔になります。

②ミツロウ・キャリアオイルがしっかりと液体状になったら、湯煎から外します。
冬場は湯煎から外した瞬間からミツロウが固まり始めるので少し手早く!
キャリアオイル・グリセリン・グレープフルーツシードエクストラクト・コラーゲン液を入れてよく混ぜ合わせます。

③お好みの色合いになるまでカラーマイカを加えて調整します。
以前ワセリンをベースにして作ったリップグロスは、色づきを良くしたい思いからマイカを入れすぎると唇が少し乾燥してしまっていたのですが、今回は好みの色合いになるまでマイカを加え続けてみましたが大丈夫でした!

④香りをつけたい場合は口に入ってしまっても大丈夫なフレーバーオイルを2〜3滴ほど加えると良いですね♡

手作りリップグロス オススメは筆を使って

以前は作ったリップグロスを蓋のついたクリーム容器のようなものに入れて、指でなじませるように塗ってました。
今回はより発色がよくしっかりと色づくリップグロスを作ったので、リップブラシで塗ると綺麗に唇にのりました♡

縦じわが気になる下唇の中央はさらに指でポンポンとリップグロスを乗せるととっても綺麗に仕上がりましたよ!
色々な分量でリップグロスを作ってみましたが、今回のこの材料のバランスが一番理想の仕上がりになりました♡

ちなみに今回のレシピで作るリップグロスは、市販のリップグロスよりすこ〜しだけ、ほんの少しだけ固めに仕上がります。
もう少しヌルッとした感じが欲しい!という場合はキャリアオイルの量で調節できます。
また、今回はカラーマイカを多めに使用しているので少しだけ固めに仕上がったのかもしれません。

色づきやツヤ感はキャリアオイルとカラーマイカで調節してみてくださいね。

厳格な分量で作る必要はないので、お好みで作ってみてくださいね。

この記事で使用した材料




ミツロウ





アプリコットカーネルオイル





グリセリン





グレープフルーツシードエクストラクト





植物性コラーゲン液





カラーマイカ





フレーバーオイル


この記事と一緒によく読まれています!

ツヤ感パウダーファンデーションでUVケア 肌に優しいレシピ

荒れない&乾燥しない口紅・グロス♡似合う色が作れる♡作り方

爽快♡ミョウバンで作る夏の刺激的なメンソールスプレー 消臭&制汗!

【手作り】練り香水の作り方!いくつも欲しくなる♡ふわっとフェロモン香る

はちみつミルクで毛穴パック 鼻黒ずみ除去♡注目のはちみつ効能

手作りヘアスプレーで香りながらまとまる髪!ヘアスプレーは手作りすべし!

FaceBookに登録する