手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

2019.06.14 ビューティー

ブルーミングブランのボディパウダーでキラキラ&立ち上る花香♡

ブルーミングブラン

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

ジメジメ~とした季節に重宝するのが、ボディパウダー♡

ちょこっと仕込んで置くだけで、お肌のベタつきを抑えてくれるので、持ち歩いているという人も多いですよね。
私も、ジメジメ&蒸し暑い季節でもストッキング着用のシーンが多いので、ストッキングの上から足の裏・内ももなどに仕込んでいます!

そんな、登場回数多めのボディパウダーは、香りが良いものを使えば、

汗をかいたときに、むしろ蒸気で香りが立ち上ってくる♡

今回は、

花香が立ち上るブルーミングブラン・ボディパウダー

を紹介します!

ポンポン・パフタイプなので、持ち運び用ボディパウダーを探している人にも、おすすめです!

ブルーミングブランボディパウダーの香りを紹介♡

ブルーミングブランボディパウダー5

さて、まずはブルーミングブランボディパウダーの香りです!

ブルーミングブランには、

・ボディクリーム
・ボディミスト
・オーデコロン
・ハンドクリーム
・ボディパールパウダー
・オーデパルファム

の6タイプがあり、どれも『フローラルブーケの香り』です。

華やかに咲き誇る花々をイメージした香り

ですって!

フローラルと一口に言っても、爽やか系のものから甘いものまで様々にありますよね。

ブルーミングブランの香りは、甘みのあるフローラルの香りが、ほわ~と香ります♡
パウダーなので、そこにほんのりとパウダリーな深みがあります。

実は、こちらのブルーミングブランボディパウダーの香りが良すぎて、ボディクリームも購入したのですが、こちらは結構ガツンと強く香ります。

その点、ボディパウダーは、香り方の強さを抑えられるだけではなく、パウダーの柔らかな甘みも感じることが出来ます♡
同じ香りでも、香り方は全く違います。

また、パウダーなら、ボディクリームと違って油分がないので、油分と汗の臭いも混ざりません!

さらに、この甘いお花の香り、意外と持続するんです!
体温と合わさると、より甘みが増した香りになり、

ふわ~とお肌から甘みのあるお花の香りが立ち上る!

首筋などに仕込んで置けば、接近戦も安心です♡

ブルーミングブランボディパウダーはラメ入りでデコルテ活躍度大!

ブルーミングブランボディパウダーには、ラメが入っています♡

ブルーミングブランボディパウダー

ものすごく大げさなギラギララメではありませんが、チラチラと輝くのを感じるには十分なラメ感です♡
ラメが足りないな~と感じたら、重ね付けすることで調節することができますよ。

チラチラと輝くラメは、シチュエーション問わず使うことが出来そうです♡

ブルーミングブランボディパウダーはポンポンパフ型!無駄なく使える♡

ブルーミングブランボディパウダー2

ブルーミングブランボディパウダーは、ポンポンパフ型です。

ポンポンパフ型のボディパウダーって、意外と見かけないですよね。
一般的なボディパウダーは、広範囲に塗るために大きなパフが付属していますが、うっかりすると洋服を汚してしまったり、バフバフと粉が舞い散ることがありますよね。

ポンポンパフ型のボディパウダーなら、

・無駄なく使える
・蓋を開けた時にパウダーが飛び散らない
・持ち運びに便利

などのメリットがあります!

必要な量を、必要な箇所にだけピンポイントで塗ることが出来るので、大変便利です♡

持ち運びボディパウダーとして重宝!いつでも良い香り♡

このポンポンパフ型のブルーミングブランボディパウダーは、持ち歩き用としても大変重宝します!
私は持ち歩いて、ストッキングの上からラメを付けてみたり、蒸れてしまった靴の中や足の裏にはたいています。

もちろん、脇やデコルテなど、出先のトイレなど狭いスペースでも手軽に塗りなおすことができます!
実はこれが、一番メリット!

一般的なボディパウダーを出先で使おうと思ったら、ちょっとしたスペースがないと、蓋をとってパウダーをひっくり返さないように慎重に…

でも、ポンポンパフ型なら片手でポンポン!

また、つけたてでも、香りが甘くゆっくりと香ってくるので、シチュエーションによる悩みもありません!

ぜひ、持ち歩き用のボディパウダーとしてご活用くださいませ♡

この記事で使用した材料

ブルーミングブラン