手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

2019.03.02 手作りコスメ

フェイスパウダー・おしろいは手作りがおすすめ!みんな大好きツヤ肌♡

フェイスパウダー・おしろい

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

私は、フェイスパウダー・おしろいはなくてもいいかな~と思っていた人間なのですが、最近になり、その良さが分かってきました!

ベースメイクにフェイスパウダーを仕込んだり、メイクの仕上げにおしろいをはたくだけで、ワンランク上の仕上がりになりますよね。

そんな、フェイスパウダー・おしろいも、やっぱり手作りしてしまいましょう♡

そして、最近のブームと言えば、ツヤ!
みんな大好き!

今回は、お家で手作りできる

ツヤ肌フェイスパウダー・おしろいの作り方

こちらを紹介します!

お肌に負担をかけたくない日や、お家DAYからお出かけまで、きっと活躍しますよ♡

フェイスパウダー・おしろいの役割をサクッとおさらい

フェイスパウダー・おしろい

フェイスパウダー・おしろいには、次のような効果があります。

  • 光の反射でお肌がきれいに見える
  • メイクが崩れにくくなる
  • シミやくすみなどお肌のカラーのコントロールができる
  • 皮脂や汗を吸収してくれる

フェイスパウダー・おしろいを使用すると、お肌に透明感が生まれたり、ラメやパール感のあるものを使用すれば、ツヤ感や華やかな仕上がりにすることが出来ます。
とくに、最近では、ツヤ肌ブームです。
ハイライトを使うよりも、フェイスパウダー・おしろいでツヤ感を仕込むと、自然な仕上がりになります。

また、メイクが崩れにくくなるので、フェイスパウダー・おしろいを仕込んで置くだけで、メイク直しも楽々ですよね!

フェイスパウダー・おしろいは手作りなら成分安心・仕上がりも自由自在♡

手作りが出来るコスメは、一度は手作りしてみたいと思いませんか?

フェイスパウダー・おしろいは、実は簡単に手作りをすることができるのです!
手作りなら何が入っているか把握できるので成分もとっても安心ですよ。

手作りコスメの中でも、フェイスパウダー・おしろいは、

・手作り初心者の人
・”手作りメンドクサイ!”

という人でも、簡単に楽しく作ることができるのでおすすめですよ♡

また、手作りコスメのメリットは「仕上がりが自分好みになること」!

市販のコスメで「もう少し○○だったら」と思うことはありませんか?

手作りコスメは、自分の理想の仕上がりになるまで、調節しながら作ることができます。
もちろん、初めて手作りコスメを作る方は「もう少しこんな仕上がりになるはずだったのに??」と失敗もするかもしれません。

しかし!何度でも調節が出来るのが手作りコスメの楽しいところ♡

満足のできる仕上がりになるまで何回も作り直すことが出来ますよ。
また、仕上がりの違うコスメも同時に何個も作れちゃうのでとっても楽しい!

【手作り】フェイスパウダー・おしろいの作り方

フェイスパウダー・おしろい

それではとっても簡単なフェイスパウダー・おしろいの作り方を紹介しますね!

用意するもの

  • マイカorコーンスターチ・・・10g
  • カラーマイカ・・・適量
  • パールマイカ・・・適量
  • シルクパウダー(すべすべのパウダーに仕上がります)・・・0.5g

〈日焼け止め効果も欲しい場合〉

  • 二酸化チタン・・・0.5g
  • 酸化亜鉛・・・0.5g

その他の道具

■パウダーを混ぜ合わせるすり鉢・もしくはチャック付きの小袋
■パウダー用コンパクト・容器

コーンスターチを使用する場合は、化粧品用がおすすめです。
食品用と化粧品用では、規定基準が違い、食品用には酸化防止剤などが含まれている場合があります。

また、今回、カラーマイカは、血色がよく見えるピンク系パウダーを作るため、ピンク系のマイカをいくつか使用しました。

作り方

作り方は、なんと、1工程だけ!

全ての材料を混ぜ合わせるだけ!

すり鉢なら、すりこぎですべての粉がしっかりと混ざりあうまでよくすり合わせます。
チャック付き小袋の場合は、指の腹を使って粉をよくすり合わせます。

パウダー用ケースに入れて完成です!

二酸化チタンとは?

二酸化チタン

とは、中々聞き慣れない人も多いですよね。

二酸化チタンは、化粧品によく使用される紫外線散乱剤です。

紫外線吸収剤とは違い、肌負担が少なく紫外線ケアが出来ます。
また、汗を抑えたりシミ・シワ・毛穴を目立たなくしてくれる効果もあります。

ナノサイズにされた二酸化チタンもありますが、粉が細い分お肌への馴染みが良い代わりに、表面積が増えることによって、光による活性酸素の発生(=お肌の老化)がデメリットだと言われています。
最近ではコーティング加工された二酸化チタンがあり、こちらは活性酸素を抑えてくれるのでおすすめです。

酸化亜鉛とは?

酸化亜鉛も紫外線散乱剤です。

マット感がでるので、パウダーの調整にもなりますね。

あまり入れすぎてしまうと、お肌が乾燥してしまうので、全体の量の10%くらいの量がちょうど良いかもしれません。

酸化亜鉛も、コーティングされたものの方が活性酸素を抑えてくれるのでおすすめです。

手作りのフェイスパウダー・おしろい使い方や仕上がり

手作りのフェイスパウダー・おしろいでは、理想のツヤ感を作ることができる点が、とても嬉しい♡

ツヤ肌ブーム、と言っても、それぞれお肌のタイプや理想の仕上がりは違うので、希望のツヤ感も違いますよね。
パールやラメを好みで調節できるため、自分好みのツヤ肌が作れますよ♡

また、色味の調節もできます。
黄味やくすみが気になる方がピンク系に、赤味が気になる方はイエロー系・ブルー系に、などお好みのカラーを作ることが出来ます。

おすすめは、ファンデーションの前に仕込んでおく方法!
メイクが崩れにくくなりますよ。

ちなみに今回の仕上がりはこんな感じです。(少し分りづらいかもしれませんが、パール感が伝わりますでしょうか・・・)

パーン!と光を跳ね返すツヤ感ができました♡

パールやラメのマイカの分量を変えれば華やかにも、デイリー用にも作り変えることが出来ますよ♡

今回は、シルクやパールマイカを使用したので、よりスベスベでツヤ感がでる仕上がりのパウダーになりました!
お好みで調節してみてくださいね!

この記事で使用した材料

フェイスパウダー・おしろい