手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

【ETVOS(エトヴォス)】クッションファンデ使い方『ズルっと取れない』密着ファンデ!

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデは、

ハリ・弾力・みずみずしさ

を叶える『石けんオフ』クッションファンデです。

 

マスク生活が長くなって、自分のお肌と向き合う機会が増えましたよね。

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデは、高いスキンケア効果がある美容液のような使い心地が特徴で、2021年に発売されてからリピーターも多くいます。

 

また、『石けんオフ』ができるので、メイクの時短だけではなく、

メイクオフの時短

もできます!

 

今回は、オン・オフ問わず大変重宝するETVOS(エトヴォス)のクッションファンデ『ミネラルグロウスキンクッション』の使い方を紹介しましょう!

【ETVOS(エトヴォス)】クッションファンデでできること

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデは、ETVOS(エトヴォス)の中でも

『ラシャススキンシリーズ』

という、肌構造の変化に着目し、土台を整え、高いスキンケア効果をもたらすベースメイクのシリーズです。

メイクの角層を整え、素肌が潤うことで、ハリとツヤが生まれます。

 

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデ『ミネラルグロウスキンクッション』は、

美容液のような使い心地

乾燥小じわを目立たせない

自然な仕上がりでしっかりカバー

ツヤを演出

スキンケアしながらメイクアップ

など、悩みに寄り添いながらメイクアップできるクッションファンデです。

サクッと解説していきましょう!

すみずみまで潤う美容液のような高保湿で『乾燥小じわ予防』

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデの大きな特徴が、

美容液並みの高保湿クッションファンデ

という点です。

ヒト型セラミド

が角層まで潤わせ、乾燥小じわが目立たないツヤ肌が続きます。

 

その他、

フルーツタイムオイル

ツバキ種子油

フランスラベンダーオイル

などの植物オイルをブレンドした『オリジナルブレンド植物オイル』が、ハリ・弾力・ツヤのケアをします。

『表面は油系美容成分』『内側は水系美容成分』で使い心地良い!

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデが優秀な点は、研究された使用感にもあります。

 

肌の上で伸ばすと、油系美容成分の膜がほぐれて、水系の美容成分は角層まで浸透します。

肌表面は、油系美容成分によって守られるので、保湿感が続きます。

 

さらに、『シリカ(ミネラル)』を配合することで、『油系』といっても、

表面はスルン!と軽い使い心地

になっています。

『パール効果』で骨格に合ったツヤと立体感

ETVOS(エトヴォス)『ミネラルグロウスキンクッション』には、『パール』が入っているので、

光を反射して、骨格に合った自然なツヤが演出

できます。

それによって、立体的な仕上がりになるので、自然とハリ感のある印象になります。

 

また、

時間がたってもくすみにくい『ピュアホワイトマイカ(合成金雲母)』を配合しているので、

シミ・シワ・毛穴も自然にカバーをして、つけたてのみずみずしい印象が続きます。

『SPF32PA+++』で日常紫外線をカット

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデは、

SPF32PA+++で、日常紫外線を防ぐことができます。

もちろん、

紫外線吸収剤フリー

です。

 

急いでいるけど、紫外線予防はしたい

という時におすすめです。

スキンケア効果もあるのに、紫外線対策もできるなんて、最高です!

8つのフリー成分の紹介

  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • シリコン
  • タール系色素
  • 香料
  • 防腐剤
  • アルコール
  • 紫外線吸収剤

これらの成分が不使用となっています。

石けんオフができる

ETVOS(エトヴォス)と言えば、『石けんオフ』です。

クッションファンデも、もちろん『石けんオフ』が可能です!

 

クレンジングの工程が省けるので、メイクオフの時短になります。

石けんオフする場合は、固形石けんでもっちり泡を作ると、きちんとオフすることができますよ!

【ETVOS(エトヴォス)】クッションファンデの使い方と仕上がり

エトヴォスクッションファンデ1

さて、ETVOS(エトヴォス)クッションファンデの使い方と仕上がりを紹介していきましょう!

 

カラーは現在3色あり、

  • ライト(明るめの肌色)
  • ナチュラル(標準的な肌色)
  • オークル(健康的な肌色)

となっています。

 

ちなみに、私は、『ライト』と『ナチュラル』の2色を使用しています。

実は、最初に『ナチュラル』を購入したのですが、想像以上にミネラル特有の黄みやグレー感を感じ、黄み寄り色白の私の肌では少し濃く感じました。

(正確には、つけたては馴染み過ぎるほど馴染むのですが、血流が悪くなる夕方以降では、私の肌では黄みやグレーみが『くすみ』に転びます)

 

ですので、『ライト』を買い足し、時には『ライト』のみ、時には『ライト』と『ナチュラル』のブレンドで使用しています。

 

さて、話を戻しましょう!

ETVOS(エトヴォス)クッションファンデの一度に使用する量は、

半顔=ワンプッシュ以下

で十分です。

 

使い方は、

半顔ずつ塗布するよりも、まず両頬の高いところや顔の中心に、パフについているファンデーションを乗せます。

(ETVOS(エトヴォス)クッションファンデは、ワンプッシュでパフに多くのファンデーションがついてしまうため、まずは等分するのがおすすめの使い方です)

エトヴォスクッションファンデ

 

その後、顔の中心から外側に向かってポンポンとタップしながら広げていきます。

顔の中心から外側に向かって、ファンデーションが薄くなるように伸ばしていくと、自然な立体感のある仕上がりになります。

 

(左:before 右:after)

エトヴォスクッションファンデ1

カバー力は比較的高く、

とくに、赤みを隠すのが得意なクッションファンデです。

 

シミなどの『点』は、『ナチュラル』のカラーをコンシーラー代わりに使ってカバーします。

 

パールが入っているので、全体がパーン!と弾くようなツヤ感が感じられます!

 

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデは、

密着するのが早いので、手早くポンポンと広げるのがムラにならないポイントです。

表面はサラッとしてきちんと感

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデは、少し時間をおくと、

表面のべたつきがなくなり、余分なテカリが消えるため『きちんと感』

のある仕上がりになります。

ツヤと言っても、

『水光肌』のように本当に濡れているようなツヤではなく、パールによって光を操るツヤなので、

ツヤがテカリに転びにくい仕様になっています。

『ズルっと』落ちない使い方

クッションファンデがズルっと取れてしまう使い方は、

  • ファンデーションの層が厚すぎる
  • クッションファンデが肌に密着していない
  • スキンケアの油分が多すぎる
  • スキンケア直後で油分が落ち着いていない
  • パフをスライドさせて滑らせるように付けている

などがあります。

 

クッションファンデを使う前は、スキンケアや肌表面の油分が落ち着いてから使用するのがポイントです。

 

さらに、ETVOS(エトヴォス)クッションファンデは、ワンプッシュでファンデーションがパフに多くついてしまうので、

『少ないかな?』と思うほどの半プッシュ~ワンプッシュ以下

からお肌にのせていくのがおすすめです。

 

カバーが足りない箇所のみ、重ね付けをしてみましょう。

下地はいる?

さて、ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデは、

スキンケア効果が高いクッションファンデ

です。

 

下地がなくても良さそう?

と思う人も多いでしょう!

 

私も、下地なしでETVOS(エトヴォス)クッションファンデを使用することがあるのですが、

見た目の仕上がりには『下地なし』でもOK

ですが、

『下地あり』の方が密着力・モチなどの機能面が高まる

と感じます。

 

ETVOS(エトヴォス)の同シリーズ『ラシャススキンシリーズ』の、『ミネラルインナートリートメントベース』を組み合わせるのもおすすめです♪

関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! 季節の変わり目はお肌の変わり目! ベースメイクをアップデートする人も多いですよね。   ファンデーションを変えると、それまでのベースメイクアイテ[…]

ETVOSミネラルインナートリートメントベース8

お粉はいる?

さて、

クッションファンデと言えば、お粉でおさえる

というのが、多くのクッションファンデ製品のお決まりのルートですよね。

 

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデは、

密着力が高く、表面はサラッと内側はウルっと!

なクッションファンデです。

 

とは言え、重ね塗りをしたり、下地やスキンケアの油分がある場合は、少し肌表面の油分が気になります。

また、皮脂分泌が多い時期には、皮脂によるクッションファンデのズレが少々気になります。

 

おそらく、マスク生活でなければ、大きなメイク崩れのない製品ですので、潤いたっぷりの質感を魅せるという楽しみ方が出来たでしょう!

 

マスク生活では、『擦れて取れる』という、普通のメイクでは起こりえなかったことが起きています。

 

ですので、マスクを装着する前提で考えると、

クッションファンデ後、表面の油分をティッシュオフしてから、お粉を重ねる

というのがおすすめの使い方です。

 

とくに、ティッシュオフをして油分を落ち着かせることで、お粉のムラ付きも防ぐことができます。

 

もし、『マスクから出ている箇所だけでもツヤ感を魅せたい!』という場合は、マスクが触れる面だけにお粉を仕込んでおくのもおすすめです。

関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! ETVOS(エトヴォス)の隠れた名品『ミネラルシルキーベール』! 軽い! サラサラ! フワッと! シルクのように滑らか♡ 紫外線予防 何[…]

エトヴォスミネラルシルキーベール

【ETVOS(エトヴォス)】クッションファンデはシーン問わない清潔感のあるツヤ♡

エトヴォスクッションファンデ2

ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデ『ミネラルグロウスキンクッション』の使い方を紹介しました。

 

ETVOS(エトヴォス)クッションファンデは、

スキンケア効果が高いクッションファンデ

です。

スキンケア効果によるお肌の潤いと、パールによるツヤ感を感じることができます。

 

また、石けんオフができる成分と、クレンジングという摩擦行為を減らすことが出来るのもメリットです。

 

クッションファンデと言えば『ツヤ』ですが、ETVOS(エトヴォス)のクッションファンデは、

『テカリ』に繋がらないツヤで、

清潔感のある仕上がりです。

ツヤがあると、それだけで健康的で、『規則正しいきちんとした生活を送っているんだろうな~』という印象を与えます!

 

メイクをしながらスキンケアもできるETVOS(エトヴォス)のクッションファンデ『ミネラルグロウスキンクッション』、ぜひお試しくださいね!

この記事で使用した材料

エトヴォスミネラルグロウスキンクッション
最新情報をチェックしよう!