手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

【寝香水】自分のためだけに選ぶ香水!幸福感増し増しになる寝香水の付け方♡

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

香水には、様々な効果がありますよね。

  • 自分をアピールしたい時
  • 華やかな場所へお出かけする時
  • 気分転換をしたい時
  • 印象を変えたい時
  • 気合を入れたい時
  • リラックスしたい時

など、自分の好きな香りを纏うことで、気持ちや行動にも変化が生まれます。

 

これは、香りが脳に与える影響が関係しています。

香りは、脳にダイレクトに届くと言われているので、

癒すも不快も香り一つで変わります。

 

香水の脳への影響の応用編として、自分の好きな香水を纏って眠れば、

幸福感がアップして安眠できる

という【寝香水】、やってみたくはありませんか?

 

今回は、【寝香水】の付け方を紹介しましょう!

【寝香水】とは?

【寝香水】とは、

寝る前に付ける香水

のことです。

 

その効果は、主に、

リラックスして安眠ができる

というものです。

ですから、【寝香水】に使うのは、自分が好きな香水やリラックスできる香り製品を選ぶのがおすすめです。

 

【寝香水】は、

自分のためだけに香りを纏うもの

ですが、お泊りデートやパートナーと寝ている人は、ベッドタイムで香りを楽しむことができます。

自分の香りとして、相手にインプットされるのもちょっと嬉しいですよね♡

【寝香水】『外出用』と香水を分けるのがおすすめ

香水を付けるのは、多くの人は『外出時』ですよね。

しかし、外出用の香水で脳にインプットされているのは、

朝だ!

仕事だ!(お出かけだ!)

など、活動的な記憶です。

この活動スイッチがオンになることを、『交感神経が優位になる』と言います。

 

自律神経の働きは、どこかで見聞きしたことがありませんか?

交感神経が優位=活動時、興奮状態

副交感神経が優位=リラックス、睡眠時

と、二つの神経が切り替わることで、体内時計をコントロールしています。

 

良い睡眠を得るには、

副交感神経が優位に働いていること

が条件です。

 

ですから、【寝香水】に選ぶのは、

外出用以外の香水を選ぶこと

がおすすめです。

 

また、眠りの導入儀式としても、

この香り=睡眠

としてインプットさせれば、副交感神経が優位になりリラックスすることができます。

【寝香水】付け方と選び方

寝香水とは

基本は清潔な肌に付けること

香水の基本は、

清潔な肌に付けること

です。

香水と、皮脂や汗との臭いが混ざってしまい、何とも言えない臭いになってしまうからです。

なるべくなら、きちんとお風呂に入り、一日の皮脂・汗を流してクリーンな状態の素肌に寝香水を付けましょう。

パジャマに付けるのと肌に付けるのでは香り方が違う

寝香水は、肌に直接付けることで、

体温により香りが変化していきます。

また、パジャマに寝香水を付けると、香料や着色料などでシミが出来てしまうことがあります。

 

寝香水は、ゆっくりと肌の上で香りが漂うのを楽しむのがおすすめです。

ボディケア製品の香りとの相性を考える

ボディケア製品に、香り付きのものを使っている場合は、注意が必要です。

とくに、女性の場合は、ボディケアに香り付きのものを使って癒されている人も多いですよね。

 

寝香水を付けるまでに、香りが消えてしまうようなものであれば問題はありませんが、

ボディケア製品の香りと寝香水が混ざって、何とも言えない匂いに

なることがあります。

寝香水を付ける場合は、ボディケア製品は香りが控えめのものや、香りの残留がないものを選ぶのがおすすめです。

 

または、

同じブランドのボディケア製品をライン使いして、香りのレイヤードを楽しむ

のがおすすめです。

『パルファン』ならアルコール少なく穏やかに深く香る

香水は、香料の濃度によって種類が分けられています。

  1. オーデコロン
  2. オードトワレ
  3. オードパルファン
  4. パルファン

パルファンは香料濃度が一番高いので深く香り、オーデコロンは香料濃度が低いため軽やかに香ります。

パルファンやオードゥパルファンは、アルコール臭がなくゆっくりと深く長く香るので、【寝香水】におすすめです。

寝香水はアロマでもいい

寝香水に使用するのは、

アロマ(精油)

もおすすめです。

 

精油は、脳へ直接働きかけることが分かっています。

また、精油を使ったトリートメントオイルなどで、皮膚から精油成分が体に働きかけることも分かっています。

精油には効能があるので、

効能と好きな香りを照らし合わせて選ぶのもおすすめです。

関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! 仕事や勉強、恋愛など、さまざまな事から、私たちは日々ストレスを受けますよね。 ストレスや疲れがたまってしまうと、身体の調子が悪くなったり、気分が落ち込んだりと、様々な[…]

リラックスアロマ1
関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! アロマには、それぞれに効能や香りの特徴がありますが、とくに、 ベッドルームにおすすめなのが【イランイラン】 です♡ 『男性を誘惑する香り』として、有名なア[…]

イランイラン
関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! ディフューザーやアロマポットを使用したアロマテラピーよりも、もっと手軽に、いつでもアロマを楽しめるのが、 アロマスプレー です!   玄関[…]

アロマスプレーの作り方1

【寝香水】基本は自分のためだけに香りを選ぶ

寝香水2

香水を付けるのは、様々な理由があります。

自分が好きな香りであることはもちろんですが、

与えたい印象

なりたい自分

を、香水で取り入れる人も多いですよね。

 

【寝香水】では、

自分の好きな香りを優先

して選ぶのがおすすめです。

 

何と言っても、【寝香水】の目的は『リラックス』することです。

ここは、『なりたい自分』や『与えたい印象』は置いておいて、

自分のためだけに香水を選びましょう!

(もし、恋人やパートナーと寝ている人は、何か思惑があれば相手の好みも取り入れてみてもいいでしょう!)

 

ちなみに、私の寝香水は『メゾンクリスチャンディオール』の『ディオラムール』と、ゲランの『モンゲランフローラル』です♡

この香水は、

寝香水のためだけに購入しました!

外出用と香水を分けることで、より香りによるリラックスのスイッチが切り替わりますよ♡

 

パートナーと寝室をともにしている人は、パートナーが苦手な香りではないか、念のため香りの提案もお忘れなく♡

寝香水2
最新情報をチェックしよう!