手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

【ETVOS】ファンデに無害!ミネラルインナートリートメントベースの使い方と+1滴でもっと潤う!

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

季節の変わり目はお肌の変わり目!

ベースメイクをアップデートする人も多いですよね。

 

ファンデーションを変えると、それまでのベースメイクアイテムの相性がガラリと変わってしまいませんか?

いくら良い化粧下地でも、ファンデーションを変えると、相性が良くないこともあります。

 

しかし!

【ETVOS】の『ミネラルインナートリートメントベース』は、

どんなファンデーションとも上手くやっていける!

 

【ETVOS】の化粧下地『ミネラルインナートリートメントベース』と言えば、

  • MAQUIA COSMETIC OF THE YEAR 2020下半期下地部門賞
  • リンネルBEST COSMETIC AWARD 2020 ベストコスメ大賞 ベースメイク部門〈下地〉1位
  • VOCE COSME RANKING 2020 10月月間ランキング化粧下地・コントロールカラー部門第1位

など、数々の賞を受賞したほどの人気商品です!

 

それを差し引いても、どんな時も非常に重宝する化粧下地です!

1本あれば、

時短メイクしたい時

肌荒れ中

ファンデーション替えの時

ファンデーションで色味を調節したい時(下地で色味を出したくない時)

など、様々なシーンで大活躍です!

 

そんな、【ETVOS】の『ミネラルインナートリートメントベース』の使い方を紹介しましょう!

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』でできること

ETVOSミネラルインナートリートメントベース8

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』は、

スキンケアのできるベース

です。

まるで美容液のような軽い使い心地が続きます。

『ミネラルインナートリートメントベース』の特徴と8つのフリー

  • 乾燥小じわを目立たなくする
  • 肌の土台を整えみずみずしいツヤのある肌へ
  • 多彩な美容液成分で、くすみ知らずの透明感
  • 微細なパールで上品なツヤを香苗、色ムラを自然にカバー
  • 石けんオフできて肌にやさしい

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』は、

お肌を乾燥させない

乾燥小じわを作らない

など、『スキンケア効果』にこだわったベースです。

SPFがないので、日焼け止め効果が欲しい場合は、日焼け止めを先に塗るか、その上に重ねるベースメイクで取り入れるのがおすすめです。

 

また、『8つのフリー』も紹介しておきましょう。

  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • シリコン
  • タール系色素
  • 合成香料
  • パラベン
  • アルコール
  • 紫外線吸収剤

こちらの8つがフリー配合となっています。

嬉しい3種のヒト型セラミドでバリア機能アップ

若々しさの象徴と言えば、

ツヤ

ハリ

みずみずしさ

ですよね。

これらのために、セラミドを含むスキンケアを取り入れている人も多いのではないでしょうか?

 

セラミドは、

  • お肌の水分量を保つ
  • 肌機能を正常化する
  • バリア機能のメイン成分

などの役割があります。

とくに、乾燥肌や敏感肌の人にとっては、切っても切り離せない成分です。

 

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』は、3種のヒト型セラミドを含むので、

ベースメイクをしながらセラミドケアができるのです!

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』の使い方と仕上がり

さて、【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』の使い方を紹介しましょう。

 

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』の一度の使用量は、

1プッシュ半~2プッシュ

です。

しっかりと叩き込むように仕込みたい場合は、2プッシュ~必要ですが、それほど小顔とも言えない私の顔でも『全顔1プッシュ半』で十分です。

ETVOSミネラルインナートリートメントベース1

 

5点置きしたら、サーっと伸ばすだけです。

 

【ETVOS】には、専用のブラシもありますが、手でも十分きれいに広げることができます。

 

仕上がりは、ぬめ~っとしたテカリ・光り方ではなく、自然な『ハリ感』です♪

ETVOSミネラルインナートリートメントベース4

(シミ・そばかすはお見逃しください!)

 

カバー力はほぼないので、

美容液感覚の化粧下地

ですね。

小鼻の赤みやシミ・そばかすが隠れるということはありませんが、

全体のトーンアップとハリツヤで誤魔化し可能!

 

また、色味は、

黄み寄り色白の私の肌では、ほぼ発色は感じられませんでした。

全体はトーンアップするけど、

ほぼ素肌

です。

ただ、ETVOSの商品では、たまに黄みを感じることがあるので、心配な人はタッチアップ後の購入がおすすめです。

油分によるツヤではない『ハリ感のあるツヤ』

さて、ツヤと一口に言っても、

化粧下地では、オイル(油分)によるツヤか否かは、結構重要です!

 

なぜなら、その後に使うベースメイクアイテムや、肌質によって、

油分=ぬめ~っとしたテカリ

となる可能性があるからです。

 

また、実際にも、油分によるツヤと『ハリ』によるツヤは、印象が違います!

 

とは言え、化粧下地での油分は、それなりに役割もあり、決して『悪役』ではありませんよ。

油分は、外的刺激からお肌を守ったり、その後に重ねるベースメイクの間に1層を作ってくれます。

お顔の皮脂が少ないという人ならば、油分によるプロテクトや補いも大切です。

 

化粧下地で、油分による質感のものは、非常に多くあります。

比較をするならば、以前紹介した『ナチュラグラッセ』の『カラーコントロールベース』はどちらかというと、油分による使用感があります。

関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! 季節の変化とともに、お肌の変化も感じる頃となってきましたね。 湿度多めだったお肌も、乾燥よりに傾いて、コスメも保湿感のあるものを選ぶ季節になりました。 そこで、[…]

ナチュラグラッセ

 

自分の肌タイプが、オイルによる保湿を必要としているのかどうか

は、人それぞれなので、一概に『これがおすすめ!』とは言い切れません。

ぜひ、自分のお肌と向き合う時間を作ってみてくださいね。

 

さて、話を元に戻しましょう。

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』は、

一度お肌で伸ばしてしまえば、表面はべたつかないのに、見た目はきちんとウルっと♡

 

乾燥小じわを防ぐという処方ですから、もちろん保湿感は抜群です!

 

また、微細なパールの配合で、

光で粗を飛ばす作戦

も成功です♡

ETVOSミネラルインナートリートメントベース6

『ラメ』ではなく『微細パール』なので、お肌がキラキラするのが苦手という人にもおすすめです。

 

油分ではないからこそ、毛穴落ちがないので、

この後のベースメイクアイテムの質感を選びません!

ファンデーションの相性

さて、特筆すべきは、

ファンデーションの質感を選ばず、誰とでも上手くやっていける

という点!

 

先にも紹介した通り、

潤いながら、表面はべたつかない

ので、

パウダーファンデーションOK

リキッドファンデーションOK

クリームファンデーションOK

エマルジョンファンデーションOK

クッションファンデーションOK

つまり、ファンデーションは何でもOKなのです♡

 

ただ、いくら美容液ほどの化粧下地だと言っても、他の化粧下地と同じように、

一度ティッシュオフして、下地を落ち着かせる

という工程を省かないでくださいね。

『ミネラルインナートリートメントベース』+お粉でもいける?

ファンデーションはなんでもOKと言いましたが、

ファンデーションなしではどうか?

も気になる点です。

 

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』は、

カバー力はほぼない

ので、相当に優秀なお粉が手持ちのものにあれば、OKと言えます。

 

とくに肌悩みがない人なら、お粉を重ねるだけでも十分かもしれません。

 

参考までに、もし【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』とお粉でいくなら、

Elēgance ラ プードル オートニュアンス

のように、お肌をスルン!とコーティングしてくれるようなフェイスパウダーならOKでした!

 

ただし、+お粉でいきたいあまり、フェイスパウダーを重ねすぎてしまうと、『ミネラルインナートリートメントベース』のツヤ感はほぼかき消されてしまうので、注意が必要です!

『伸びが悪い』と感じたら+1滴の乳液

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』は、基本的にはスルスルともたつくことなく伸びます。

もし、イマイチ伸びが悪いな、と感じたら、

乳液を+1滴

してみるのもおすすめです。

これにより、みずみずしさが増すので、よりスルリと伸び、肌馴染みもよくなります。

石けんオフできる?きちんと落とす方法

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』は、

石けんオフできる化粧下地

です。

 

ですが、中には、

石けんで落ちなかった

パールが顔に残っているのが分かる

といった人もいます。

 

『石けんオフできる』というコスメの基本は、

石けんを使うこと

です。

通常の洗顔料では、落ちにくいのです。

 

とくに、

固形石けんで、密度の高い泡を作ること

が、石けんオフをするポイントです。

 

また、意外な落とし穴としては、

使っている日焼け止めなどに、石けんでは落ちにくい合成成分や油分が入っている

というケースです。

この場合は、日焼け止めの油分などと混ざって肌に密着しているので、化粧下地やベースメイクアイテムを『石けんオフ』に変えただけでは、『石けんオフ』とは言えません。

 

一度、使っているすべてのベースメイクアイテムを見直してみるのも、結構楽しいですよ!

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』は都合の良い化粧下地No.1!

【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』は、

どんなファンデーションとも上手くやっていける

非常に都合の良い化粧下地です!

 

季節の変わり目はお肌の変わり目ですから、ベースメイクをアップデートする人も多いですよね。

ベースメイクを変えると、今までの相性が全てガラリと変わってしまうのが、私の悩みでしたが、一掃です♡

 

今日はどんなメイクの質感でいこう?と迷っても、【ETVOS】『ミネラルインナートリートメントベース』だけは揺るがずそばにいて欲しい一品です!

 

化粧下地で迷っている人や、

化粧下地は何でもいいけど、ヨレない・べたつかないって意外とない!

なんていう人にもおすすめです♡

 

ぜひ一度、このご都合化粧下地を使ってみてくださいね。

この記事で使用した材料

ETVOSミネラルインナートリートメントベース8
最新情報をチェックしよう!