手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

【追い焚き掃除】月1オキシクリーン・酸素系漂白剤でキレイなお湯にしましょ!

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

みなさん、追い焚き機能のお掃除は行っていますか?

追い焚き機能の配管って、普段は見えないので、その汚れにも気が付きにくいですよね。

 

家族が多かったり、生活ペースが違うと、便利な追い焚き機能ですが、浴槽にお湯をためている時間が長いほど、

配管内部で皮脂や水垢、入浴剤などの成分をもとに、雑菌が繁殖します。

 

そんな『汚れた通路』を通ってきたお湯に浸かって、身体に良いわけがありません!

 

今回は、オキシクリーン・酸素系漂白剤を使って【追い焚き掃除】の方法を紹介します!

【追い焚き掃除】オキシクリーン・酸素系漂白剤を使って放置するだけ!

さて、普段行わないお掃除って、中々面倒ですよね。

でも、オキシクリーン・酸素系漂白剤を使った【追い焚き掃除】は、

漬けこみ・放置型掃除

なので、みんなが寝静まった後にでも行えば、ちょっと映画を見ている内にお掃除終了!

ぜひ、今日にでもオキシクリーン・酸素系漂白剤を購入して行ってみてくださいね。

用意するもの

・オキシクリーンor酸素系漂白剤…約500g

【追い焚き掃除】方法

①浴槽に、追い焚きの穴の上5~10cmまでお湯をためます。
追い焚きの穴が二穴タイプの場合は、上の穴の5~10cm上までお湯をためます。

追い焚き掃除オキシクリーン・酸素系漂白剤2

 

②洗面器等でよく溶かしたオキシクリーン・酸素系漂白剤約500gを投入します。

追い焚き掃除オキシクリーン・酸素系漂白剤3

オキシクリーン・酸素系漂白剤は、50℃前後でパワーMAXになります。
50℃前後のお湯で、先に洗面器などでよく溶かしておくのがおすすめです。
また、あまり低い温度では、オキシクリーン・酸素系漂白剤が溶けない可能性があります。

追い焚き掃除オキシクリーン・酸素系漂白剤4

 

かなり良い感じに発泡しています。

追い焚き掃除オキシクリーン・酸素系漂白剤5

 

③50℃前後の温度で『追い焚き』を押して、配管内にオキシクリーン・酸素系漂白剤を行き渡らせます。
この時も、オキシクリーン・酸素系漂白剤のパワーがMAXに発揮される50℃前後の温度に設定するのがポイントです。
あまり低温ですと、溶け切らないままのオキシクリーン・酸素系漂白剤が配管内へ入ってしまいます。

 

④約1時間~漬け置きます。
初めて『追い焚き掃除』を行う場合は、2時間~半日ほど漬け置くのがおすすめです。
この時、桶やお風呂の蓋などを一緒に漬け込んでおくのも良いですよ。

 

⑤一度お湯を抜いて、再度新しいお湯をため、『追い焚き』をします。これが『すすぎ』となります。
この『すすぎ』を2~3回ほど繰り返します。
この時、配管内の汚れが出てくることがあります。

 

⑥最後に、浴槽全体をスポンジで磨き、追い焚きのフィルターを掃除したら、終了です!

【追い焚き掃除】配管内をきれいに保つ工夫

さて、ここからは、追い焚き機能の配管内をきれいに保つ工夫をいくつか紹介しましょう。

体や髪の毛を洗ってから入浴する

体や髪の毛には、皮脂や垢が付いています。

湯船に入ることで、お湯によって皮脂や垢浮き上がります。

配管内の汚れや雑菌の原因の多くは、皮脂や垢なので、

体や髪の毛を洗ってから入浴することで、湯船に溶け出る皮脂・垢汚れを減らすことが出来ます。

 

また、入浴剤の中には、泡ぶろタイプのように『お風呂の中で体も洗えます』のようなものもありますが、これは配管内の汚れのことだけで言えば、できれば避けたいものです。

油分たっぷりの入浴剤はなるべく使わない

入浴剤によっては、追い焚き機能のあるお風呂では使えないものがあります。

しかし、特に記載がなくても、配管内をきれいに保つために避けた方が良いものは、

  • 油分の多いもの
  • トロミが強いもの
  • アロマオイル

などです。

これらは、配管内にべったりと付着しますので、『追い焚き』によって吸い込まれた皮脂や垢などがさらに上乗せで付着しやすくなります。

お湯をためっぱなしで使い回さない

『明日の朝も入るから』

『一度しか入っていないからお湯がもったいない』

という理由で、お湯をためっぱなしにしてはいませんか?

 

お湯をためたままにしておくと、配管内の汚れが湯船に逆流します。

また、反対に、湯船の汚れも配管内に長時間滞在します。

 

雑菌は、お湯・水の中では繁殖しやすいので、ためたままのお湯では翌朝『汚水』を循環して温めるだけになります。

できれば、『一晩放置』は避けたいところです。

【追い焚き掃除】頻度は月1!入浴剤を使う人はなるべく頻繁に!

さて、『追い焚き掃除』って意外と簡単ではないですか?

 

実は、私、初めて『追い焚き掃除』を行ったときは、

お湯が薄茶色に濁りました…(怖い!)

 

こんなお湯に浸かって清潔を保っていると思っていたなんて…美意識も何もありません!

 

『追い焚き』機能は非常に便利ですが、配管内部を見ることはないため、その汚れもノーマークだという人もいるかもしれません。

しかし、『追い焚き配管内』には、

  • 皮脂
  • 水垢
  • 髪の毛
  • 入浴剤のヌメリ
  • 石けんカス

などの汚れが確実に存在します!

 

これらの汚れは、雑菌を繁殖させるので、知らず知らずのうちに『雑菌風呂』に入浴していることに…

 

とくに、入浴剤を使う人は、配管内にそのヌメリが滞在しやすくなるので、

月に1回

は、『追い焚き掃除』を行うのがおすすめです。

 

ぜひ、オキシクリーン・酸素系漂白剤での『追い焚き掃除』を行ってみてくださいね。

この記事で使用した材料

created by Rinker
¥496 (2022/01/28 11:32:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥437 (2022/01/28 11:27:08時点 Amazon調べ-詳細)
追い焚き掃除オキシクリーン・酸素系漂白剤
最新情報をチェックしよう!