手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

2019.02.25 ビューティー

ソンバーユ(馬油)の使い方研究④顔マッサージ【メイク前】の一工夫で血色アップ!

ソンバーユ

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

馬油は、様々なメーカーのものがありますが、馬油の元祖ともいえる『ソンバーユ』を選ぶという人は多いですよね。

旅先で馬油を見かけると、ついつい手に取ってしまう私も、やはり使い続けているのは
馬油の元祖的存在=薬師堂『ソンバーユ』。

馬油は、私たちの皮脂にとても近い成分でできているそうで、お肌にとても馴染みやすいことから、優れたスキンケアとして使用することができます。

今回は、様々なソンバーユのスキンケア方法から、
メイク前の血色アップマッサージ【目元編】
を紹介します!

・寝起きのくすみが気になる
・メイクのノリがイマイチ良くない
・血色アップさせたい
・目元のクマ・くすみのせいで老けて見える

こんな人には、とくにおすすめですよ。

馬油に期待できる血行促進効果をおさらい

馬油

『ソンバーユ』だけではなく、馬油にはそもそも『血行促進効果』があります。

馬油で冷えがつらい箇所をマッサージすると、ポカポカしてくる、という不思議!
寝起きのくすみが気になる私は、私は馬油で優しくマッサージするように使うとたちまち血色アップ。

また、凝り固まった首や肩をマッサージするのもおすすめです。

今回、とくに【目元編】としたのは、血行不良による目の周りのクマやくすみに、私自身もとても悩まされているからです。

目の周りは、皮膚も薄く毛細血管が多くあるので、血行不良を起こすと、クマ・くすみとして表れやすい場所です。
とくに、朝は、血の流れが滞っていることで、メイク前にクマ・くすみを感じている人が多くいます。

馬油は、私たちの皮脂にとても近い成分でできているので、お肌にとても馴染みやすいという特徴があります。
ですから、お顔のマッサージオイルとして、ぴったりなのです!

ソンバーユの使い方『顔マッサージ』【目元編】で血色アップ方法

日本酒化粧水1

それでは早速、ソンバーユを使った『顔マッサージ』【目元編】の血色アップ方法を紹介していきます。

①まずは、手のひらでソンバーユを伸ばします
ソンバーユを一すくい取ったら、手のひら全体でソンバーユを伸ばします。
とくに寒い時期は、馬油が固まっているので、体温で柔らかく溶かします。

②下まぶた・内側→外側5回
下まぶたの目頭から目尻にかけて、やさしくプッシュしていきます。(画像①)
親指以外の指4本を使い、内側から外側にかけてプッシュしていくイメージです。
この辺りは、皮膚がうすいので、くれぐれもやさしく行ってくださいね。

③上まぶた・内側→外側5回
今度は、上まぶたの目頭から目尻にかけて、やさしくプッシュしていきます。(画像②)

④目元全体を手のひらで包んでプッシュ
最後に、目元全体を手のひらで包んでプッシュします。

馬油

マッサージ後は、血色アップがアップしているので、メイクノリもバッチリです♡
チークを入れる位置が、分かりやすくなりますよ!

マッサージ後のワンポイント

さて、ソンバーユでマッサージを行ったら、目元のくすみ改善!メイクノリ良!
メイク開始です!

しかし、その前にワンポイント!

馬油は、『油分』ですから、その後のメイクアイテムとの相性が良くない場合があります。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションなど、油分の多いベースメイクアイテムを使用する場合は、とくに注意が必要です。

マッサージを行ったら、軽くティッシュオフをするか、ホットタオルパックをすると、油分を抑えることができます。
その後、化粧水で蓋をしましょう!

ソンバーユシリーズの中でも『No.7』が最強!

さて、『ソンバーユ』の馬油は、現在、

・無香料
・バニラ
・クチナシ
・ヒノキ
・ジャコウ
・ローズ

これらの無香料と5つの香りに加えて、チューブタイプと液状特製、そしてNo.7があります。

もちろん、これらのどのソンバーユを選んでも良いのですが、No.7は、
”馬油の美容効果と保湿力に着目してつくられたソンバーユの最高峰”
というスキンケアにぴったりの馬油なのです。

とくに、お顔のスキンケアに使用するなら、No.7がおすすめです♡

ソンバーユは、他にもさまざまなスキンケアに使用することができるので、お一つお手元にあると、馬油美容法を楽しめますよ!

この記事で使用した材料

ソンバーユ