ハーブティー注意点 ハーブティーはサポート役として上手に活用しましょう

ハーブティーは薬ではありません。 病気を治すために使ったり、医師から処方されている薬の代わりに使うことは避けてください。 持病、治療中の病気がある人、薬を服用中、子供など使用に制限があるハーブもあるので、事前に医師に相談…

>

c7cbc601447b805e53dd95437e161f08_s

ハーブティーは薬ではありません。

病気を治すために使ったり、医師から処方されている薬の代わりに使うことは避けてください。
持病、治療中の病気がある人、薬を服用中、子供など使用に制限があるハーブもあるので、事前に医師に相談した上でご使用ください。

また、ハーブによっては子宮に働きかけたり、女性ホルモンに影響を与える作用を持つものがあります。
妊娠中の方は医師に相談してからの使用をオススメします。
特に妊娠中は嗅覚や味覚が変化していたり、敏感になっていることもあるので、医師に相談した上で自分の体調や気分と相談しながら、ハーブを役立ててくださいね。

その他、薬との併用も医師にご相談ください。

ハーブティーによる心身への影響は人によって異なります。
ハーブティーは自己責任での使用になりますので、ご自身の体調や気分などに合わせて、使用量やハーブティーの濃度などを調節してご使用くださいね。

ハーブティーは予防のため、健康づくりのため、また心身の不調を緩和する時のサポートとして使用することをオススメします。
まずは不調の原因をつきとめて、その原因を解消するのに役立つハーブを選びましょう。

この記事と一緒によく読まれています!

ハーブティーの効能を知っておこう!

妊娠・つわり中のハーブティーは?おすすめの飲み物

【シミ対策】ローズヒップティーで紫外線対策!メラニンを作らせない!

簡単!今すぐ飲める混ぜるだけのチャイティーの作り方♡

【痛みにフィーバーフュー】生理痛・偏頭痛に!痛みに良いハーブはこれ!

ホルモンバランスを整えよう 美のお守りハーブティー♡

FaceBookに登録する