手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

【ハーブティーの入れ方】葉・花・実それぞれの美味しく入れるコツ

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

植物の香り豊かなハーブティーは、私たちの美容や健康に役立ってくれます。

また、カフェインが入っていないので、ギフトにも喜ばれますよね。

 

今回は、

正しいハーブティーの入れ方

を紹介します。

 

ハーブティーは、ドライハーブ・フレッシュハーブどちらでも入れることができます。

 

また、ハーブティーは、植物によって使用される部位が異なります。

『葉』『花』『実』によって、美味しく入れるコツを紹介していきましょう。

【ハーブティーの入れ方】美味しく入れるために用意するもの

  • ハーブ(ドライorフレッシュ)
  • ティーポット(蓋付きのもの)
    (茶こし付きティーポットやマグカップだと片付けが楽ですよ)
  • 茶こし(茶こし付きティーポットの場合は不要)
  • ティースプーン

使用するティーポットやカップは、白色や透明のものなら、ハーブの色が浸出される様子が楽しめます。

また、ティーポットは、注ぎ口が細いものや長いものは、ハーブの葉や花が詰まりやすいので避けたほうが良いでしょう。

ドライハーブでもフレッシュハーブでもOK!

ハーブティーの入れ方2

ハーブティーに使う茶葉は、ドライハーブorフレッシュハーブどちらでもOK!

お庭やプランターなどで自家製のハーブを育てている場合は、摘みたての香り豊かな生のハーブを使うのもおすすめです。

摘みたてのハーブは、香り豊かなので、同時にアロマテラピー効果も感じることができるでしょう。

 

ドライハーブとフレッシュハーブでは、使用する分量が異なるので、後ほど解説していきましょう。

関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! ハーブティーに使うハーブには、 乾燥したドライハーブ 摘みたてのフレッシュハーブ があります。 みなさんは、この『ドライハーブ』と『フレッシュハーブ[…]

ドライハーブとフレッシュハーブの違い

茶葉でもティーバッグでもOK!

ハーブティーの入れ方1

ハーブティーは、何人分かを入れる場合は茶葉がおすすめですが、

自分の分だけハーブティーを入れるのに、茶葉タイプは面倒くさい!

という人もいますよね。

 

もちろん、茶葉タイプでもティーバッグタイプでも、どちらも美味しいハーブティーを飲むことができるので、用途に合わせて選びましょう。

【ハーブティーの入れ方】ドライハーブの場合

ハーブティーの入れ方3

さて、まずはドライハーブを使ったハーブティーの入れ方です。

  1. ティーポットを温めておきます。
    熱湯をティーポットに注いでおくと、ティーポットが温まります。
  2. ティーカップ1杯分(150cc~180cc)=ティースプーン山盛り1杯の茶葉を目安に、ティーポットにドライハーブを入れます。
  3. ティーポットに静かにお湯を注ぎ、蓋を閉じて3~5分蒸らします。
  4. ポットを軽く水平に回して、濃さを均一にし、カップにすべて注ぎ入れます。
    (何人分かを入れる場合は、順番に少しずつカップへ注ぐと濃さが均一になりますね)

ティーバッグを使用する場合も、お湯を注いだら、蓋をして蒸らしましょう。

 

蓋をして、蒸らすことが美味しいハーブティーの入れ方です。

途中でかき混ぜたり揺すったりせず、ゆっくりと茶葉がほぐれるのを待ちましょう。

(ティーバッグの場合も、ちゃぷちゃぷと無理やり抽出せずに待ちましょう)

 

また、ハーブティーを抽出したら、カップに全て注ぐか、茶葉を取り出しておきましょう。

(茶こし付きマグカップだと、茶葉を取り出しやすいです)

浸出時間が長くなると、成分は濃くなりますが、味や香りに渋みが増すので、放置のし過ぎは厳禁です。

葉・花・実によって異なる抽出時間とコツ

ハーブティーの入れ方4

ハーブティーに使われる植物の部位は、

レモングラスやペパーミントのような葉や茎

カモミールのような花

ローズヒップやオレンジピールのような実や皮

など、植物によって異なります。

 

柔らかい葉や花のハーブティーは、葉や花が開くまで3~5分程度

硬い実や皮の場合は、実や皮がほぐれるまで5~10分程度

蒸らす必要があります。

 

また、大きくて硬い実や皮は、スプーン等で潰しておくと、ハーブティーを抽出しやすくなります。

【ハーブティーの入れ方】フレッシュハーブの場合

ハーブティーの入れ方5

さて、次は、フレッシュハーブを使ったハーブティーの入れ方です。

お庭やプランターで、自家製ハーブを育てている人は、ぜひ摘みたての香り豊かなハーブを使用してみてくださいね。

また、スーパーの野菜コーナーにある市販のハーブでも、フレッシュハーブティーに使用することができますよ。

 

  1. ティーポットを温めておきます。
    熱湯をティーポットに注いでおくと、ティーポットが温まります。
  2. フレッシュハーブはドライハーブの2~3倍量が必要です。
    ティーポットやカップの1/3ほどの量を入れましょう。
    フレッシュハーブは、細かくちぎるほど香りやエキスが出やすくなります。
  3. ティーポットに静かにお湯を注ぎ、蓋を閉じて3~5分蒸らします。
  4. ポットを軽く水平に回して、濃さを均一にし、カップにすべて注ぎ入れます。

 

フレッシュハーブの場合も、

柔らかい葉や花のハーブティーは、葉や花が開くまで3~5分程度

硬い実や皮の場合は、実や皮がほぐれる間で5~10分程度

蒸らす必要があります。

 

ハーブティーが抽出出来たら、カップに全て注ぐか、茶葉を取り出しておきましょう。

【ハーブティーの入れ方】アイスハーブティーの場合

ハーブティーの入れ方6

さて、暑い時期には、アイスハーブティーもおすすめです。

アイスハーブティーでは、ホットのハーブティーの2~3倍の濃さのハーブティーを作ります。

 

  1. ティーポットを温めておきます。
  2. ホットのハーブティーで使用する2~3倍量の茶葉を使用します。
  3. ティーポットに静かにお湯を注ぎ、蓋を閉じて3~5分蒸らします。
  4. 耐熱グラスいっぱいに氷を入れます。
  5. ポットを軽く水平に回して、濃さを均一にし、カップにすべて注ぎ入れます。

 

アイスハーブティーを入れるには、ホットハーブティーの場合の2~3倍量のハーブを使用します。

そのため、蒸らす時間を超過すると、渋みやえぐみを強く感じることがあります。

3~5分程度(実や皮は5~10分程度)蒸らして、色と香りが抽出できたら、ハーブは取り出しましょう。

ハーブティーがもっと美味しい!見た目の一工夫

ハーブティーの入れ方7

さて、最後に、ハーブティーを飲む際の見た目の一工夫を紹介しておきましょう。

 

ホットのハーブティーでは、ハーブティの色や香りに合ったフレッシュハーブを浮かべると、香りはもちろん、見た目にも楽しむことができます。

また、その際には、透明なティーカップを使用するのがおすすめですよ。

 

アイスハーブティーなら、

製氷機にハーブの花や葉を入れて作った『ハーブ氷』を使用すると、見た目も美しくなります。

 

『ハーブ氷』に使用するハーブは、ドライハーブではなくフレッシュハーブが見た目にもおすすめです。

ペパーミントやレモンバームなど、さっぱりとしたハーブなら、どのハーブティーにも相性が良いですよ。

 

ぜひ、普段の生活にハーブティーを取り入れて、美容や健康に役立ててくださいね。

この記事で使用した材料

created by Rinker
¥1,281 (2022/05/25 09:25:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,430 (2022/05/25 09:25:24時点 Amazon調べ-詳細)
ハーブティーの入れ方
最新情報をチェックしよう!