手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

【ハーブの種類】ドライハーブとフレッシュハーブ使い分けていますか?

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

ハーブティーに使うハーブには、

乾燥したドライハーブ

摘みたてのフレッシュハーブ

があります。

みなさんは、この『ドライハーブ』と『フレッシュハーブ』を使い分けていますか?

 

どちらも美味しくハーブティーを楽しむことができます。

今回は、

ドライハーブとフレッシュハーブの違いと使い方

を紹介しましょう。

 

ドライハーブとフレッシュハーブの違い

乾燥したドライハーブと、摘みたての生のフレッシュハーブ、どちらもハーブティーに利用できます。

 

ハーブの有効成分を効果的に利用する場合には、ドライハーブがおすすめです。

 

フレッシュハーブは半分以上が水分です。

そのため、有効成分が凝縮されたドライハーブと同じように有効成分を抽出するには、ドライハーブの倍の量のハーブが必要になってしまいます。

ですから、美容目的や健康目的など、ハーブの効能を利用したい時は、ドライハーブを選びましょう。

 

生の摘みたてのフレッシュハーブは、ドライハーブに比べると、

とても新鮮で香りも良く、アロマテラピーの効果も同時に楽しむことができます。

また、摘みたてだからこそ、季節感も味わえます。

フレッシュハーブは、自分で乾燥させて、ドライハーブにして保存することもできます。

市販のフレッシュハーブも良いですが、自分で育てたハーブをハーブティーにするとより楽しいですよ♪

ドライハーブの選び方や保存方法

ドライハーブとフレッシュハーブの違い2

ドライハーブを選ぶ際のポイントをいくつか紹介しましょう。

  • 食用のものであるか必ず確認をする(ポプリ用などではないか確認をする)
  • 製造年月(輸入年月日)・賞味期限などを確かめ、できるだけ新しいものを選ぶ
  • パッケージが脱酸素加工されていたり、乾燥剤が入っていると安心です
  • 袋がアルミ加工されたものの方が鮮度を長く保てます。
  • 一度にまとめ買いをするより、少量ずつこまめに買い足す(200g→100g×2など)
  • ペパーミントやハイビスカスなど、原産国によって品質・味・香りに違いがあるので確認してから選ぶ(ペパーミントは中国産だとメントールが強い、フランス産はマイルドなど)
  • 植物の使用部位で効能が異なるので表示を確認する(リンデンフラワー→鎮静、リンデンウッド→利尿作用など)

ドライハーブは、一度開封したら賞味期限に関わらずなるべく早めに使いましょう。

また、開封後は直射日光・高温多湿を避けて保存しましょう。

フレッシュハーブの選び方・摘み取り・保存方法

ドライハーブとフレッシュハーブの違い1

フレッシュハーブはスーパーの野菜コーナーなどで手に入ります。

また、自分で育てたハーブを使うのもおすすめです。

ここでは、フレッシュハーブの保存方法や自分で育てたハーブの使用方法などのポイントを紹介します。

  • できるだけ若くて柔らかな葉・花を、使う直前に積みましょう
  • 苗の高さが20㎝〜30㎝ほどになったら収穫して利用できます
  • 残ったハーブは水に挿しておくか、チャック付きビニール袋などに入れて冷蔵庫で保管をし、早めに使い切ります
  • ハーブティー1杯に使う量は、葉なら5枚〜10枚が目安

自分でハーブを育てる場合は、農薬や化学肥料の使用を抑えるなどの工夫をすると、よりナチュラルなハーブティーを楽しむことができますよ♪

フレッシュハーブを『ドライハーブ』にして保存する方法

フレッシュハーブを乾燥させて『ドライハーブ』として保存することもできます。

 

①ハーブの香りが最も強い時が、有効成分が最も多い時期です。
この時期に摘み取りドライハーブにするのがおすすめです。

葉:花が開く直前がベストタイミング
花:咲きかけがベストタイミング
根:養分が蓄積される秋がベストタイミング

 

②一週間ほどハーブがパリパリになるまで乾かします。

ラベンダー・葉を使うハーブ:枝ごと刈り取って、水洗いして5本〜10本で束ねます。
風通しの良いところに吊り下げて乾かしましょう。

花を使うハーブ(カモミール・マリーゴールド・マロウなど):平たいザルに並べて乾かしましょう。

 

③仕上げに電子レンジで10秒乾燥させてもOK

 

④ハーブが乾燥したら、葉を使うハーブは枝から葉のみを落とし、花を使うハーブはそのまま密閉容器に保存しましょう。

直射日光・高温多湿を避けて保存しましょう。

目的や気分によって『ドライハーブ』『フレッシュハーブ』を使い分けましょう

ドライハーブとフレッシュハーブの違い3

ドライハーブ、フレッシュハーブ、どちらにもそれぞれの良さがありますよね。

乾燥させることで成分が凝縮したドライハーブは、美容や健康などに植物の効能を役立てることができます。

 

また、フレッシュハーブでは、摘みたての爽やかな植物の香りを楽しむことができます。

とくに、朝には、味や香りが穏やかに出る『フレッシュハーブ』のハーブティーがおすすめです。

ハーブの良さを知って、私たちの健康や美容に役立てましょう!

ドライハーブとフレッシュハーブの違い
最新情報をチェックしよう!