手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

【オリジナル香水作り方】香り作りの法則で自分だけの香りを見つける方法♡

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

市販の香水もいいけど、

自分で好きな香り作りが出来たら、楽しいと思いませんか?

 

オリジナル香水は、精油で作るので、ふわっと香りが残ってとっても心地よい♡

小さな小瓶で持ち歩けば、エチケットスプレーとしても活躍します!

 

今回は、

オリジナル香水の作り方

を、紹介します!

とっても簡単なので、週末や夜の一人時間に、ぜひ作ってみてくださいね♡

【香水の作り方】混ぜるだけの簡単作業!

それでは、とっても簡単、混ぜるだけで作れてしまう【香水の作り方】を紹介しましょう!

用意するもの

・エタノール・・・10ml
・精油・・・15~20滴
・スプレー容器

スプレー容器は、ガラス製のものを用意しましょう。

香水の作り方

作り方は、エタノールに、お好みの精油を混ぜるだけ!

精油をブレンドしていくと、より理想の香りに近づいたり、好みの香りを見つけることができますよ♪

【香水の作り方】香りのブレンド法則

手作り香水の楽しみと言えば、香り作り♡

もちろん、使用する精油は1種類でも良いのですが、

精油をブレンドすることでより深みのある香り作りができます。

詳しい精油のブレンド方法は、こちらをご覧くださいね。

関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! 精油には、それぞれの植物が持つ効能と香りがあります。 改善したい症状に合わせて、精油を効能で選ぶのも良いですが、アロマスプレーや手作り香水では『香り』をメインに精油を[…]

精油ブレンド

 

精油でのブレンドの基本は、

3つの『ノート(香りの持続目安)』+香りの種類

です。

 

『ベース』+『ミドル』+『トップ』のうち、

香りのメインとなる『ミドル』から、香りを決め、

手作り香水では、合計で15~20滴になるように、調整します。

 

すると、香りが持続して、時間とともに香りが変化していくのを楽しむ事ができますよ♪

また、最初は、同じ香りの分類グループから『ベース』『ミドル』『トップ』を選ぶと、失敗が少ないですよ♪

この、『ベース』+『ミドル』+『トップ』の法則と香りの分類を少し頭の中に入れておくと、納得の香りに仕上がります。

こちらの表を、参考にしてみてくださいね!

精油ブレンド表最新

【香水の作り方】香料には『フレグランスオイル』『フレーバーオイル』もおすすめ!

さて、手作り香水で使用する『香料』についてです。

今回は、精油での作り方を紹介しましたが、

香りの種類が豊富な『フレグランスオイル』や『フレーバーオイル』もおすすめです♪

また、フレグランスオイルやフレーバーオイルでは、精油なら高価な香りも比較的安価で手に入れることができます。

精油での香り作りは、中々難しい…

何種類も精油を購入するのが大変

そんな時は、

『body safe』グレード

食用フレーバーオイル

などの、手作りコスメに使用することができる規格のフレグランスオイルやフレーバーオイルを選んでみましょう!

これらの規格のフレグランスオイルやフレーバーオイルは、芳香浴以外に

石鹸

香水

リップクリーム

ヘアスプレー

キャンドル

ルームスプレー

など、様々な手作りコスメに使うことができます。

すでにブレンドされた香りも多いので、イメージに合った香りを見つけることができますよ。

 

フレグランスオイルやフレーバーオイルには、精油では中々手に入らない香りもあるので、香り作りに迷ったら、取り入れてみるのもおすすめです♪

オリジナル香水は使い方もたくさん♡

精油やフレグランスオイルを使った【香水の作り方】を紹介しました。

一度作ると、いくつも欲しくなるオリジナル香水です♡

使用する精油を変えれば、出先でのエチケットスプレーにもなります。

また、精油の量を少なくすれば、ルームスプレーとして使用することもできます。

 

香り作りは、とってもストレス解消になるので、ぜひお休みの日や夜の一人時間に、香りのための時間を作ってみてくださいね♡

この記事で使用した材料

アロマオイル香水
最新情報をチェックしよう!