手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

【虫が嫌がるハーブ】虫除けの作り方と効く虫!『そっと』虫を除ける方法を紹介!

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

今回は、『そっと』虫除けができる

『虫が嫌がるハーブ』を使った虫除けの作り方

を紹介します。

 

ハーブの香りも楽しめるので、ジメジメとした梅雨~夏には香りによるアロマテラピー効果も感じることができますよ♪

 

市販の虫除けの成分が気になる人

小さいお子様がいて、虫除けスプレーを吸引しないか心配な人

虫除けスプレーの臭いが苦手な人

虫と直接対面したくない人

こんな人には、ハーブでの虫除けがおすすめです。

ぜひ、お休みの日に作ってみてくださいね。

自宅で育てられる『虫が嫌がるハーブ』6選

ハーブ虫除け作り方1

ハーブには、

忌避効果(虫が嫌がる効果)

のある植物があります。

 

虫が嫌がるハーブで、自宅で育てられるものとして、以下のハーブがあります。

  1. ラベンダー
  2. ペパーミント
  3. タイム
  4. ローズマリー
  5. ゼラニウム
  6. レモングラス

 

これらのハーブには、

防虫効果のある『シトロネラール』『シトロネロール』や『メントール』が含まれています。

 

自宅のお庭や、アパートやマンションの場合はプランターでも育てることができます。

これらのハーブは、育てるだけでは『虫除け』にはなりませんので、ご注意くださいね。

【ハーブ虫除け】が効く虫の種類

ハーブ虫除け作り方2

ハーブ虫除けは、『殺虫剤』ではありませんので、それだけで殺虫することはできません。

また、ハーブ虫除けが効く虫と効かない虫がいます。

 

ハーブ虫除けが効く虫は、

  • ハエ
  • ダニ
  • ノミ
  • ゴキブリ
  • ブヨ

などです。

 

個人的には、『蚊』への効果は実感がありますが、『ゴキブリ』に関してはハーブ虫除けをしていない所でお見かけしました…

市販のゴキブリ駆除剤のように、家からいなくなるほどの強力な効果はありませんので、ご注意くださいね。

【ハーブ虫除け】作り方

ハーブ虫除け作り方3

用意するもの

・ハーブ…適量
・ホワイトリカーやウォッカなど…適量
・精製水
・蓋付きの瓶など
・アルコール対応のスプレー容器
ハーブは、『虫が嫌がるハーブ』からお好きなものを選んでみてくださいね。
何種類かブレンドするのもおすすめです。

作り方

①瓶の8~9分目まで、ハーブを入れます。

適当な大きさにカットしてからいれましょう。

 

②ハーブの頭がきちんと浸かるまでウォッカまたはホワイトリカーを注ぎます。

 

③冷暗所で約1ヶ月ほどおきます。

途中、かき混ぜたり瓶を振ったりしながら1ヶ月待ちます。

これが『ハーブチンキ(抽出液)』という、虫除けの原液になります。

 

④ハーブ虫除けの原液が出来上がったら、原液を茶こしなどで漉して、ガラス製のスプレー容器に『原液:精製水=1:5~1:10』ほどに希釈して入れます。

虫の侵入口や、ボディ用などの用途に合わせて希釈の割合を調整してくださいね。

【ハーブ虫除け】使い方と注意点

さて、ハーブ虫除けが出来上がったら、『1:5』の濃度のものは、

  • ドアレール・網戸レールなどの隙間
  • 玄関
  • 網戸
  • ゴミ箱
  • 排水溝
  • シンク下・洗面台下

など、虫の侵入口を中心にスプレーをします。

 

『1:10』の濃度のものは、ボディ用の虫除けスプレーとして使用することができます。

 

使用する際は、ハーブ虫除けを良く振ってから使用しましょう。

 

注意点としては、以下の点があります。

・目や口などの粘膜付近には使用しない

・ハーブ虫除けがシミになることがあるので、シミが気になる衣類やファブリック類には吹きかけない

・ペットの体には使用しない

・ペットの寝具やおもちゃ、その他ファブリック類には吹きかけない

・出来上がったハーブ虫除けは、冷暗所に保管して1~2週間程度で使い切る

 

私自身、作ったハーブ虫除けを衣類やカーテンに吹きかけてしまい、シミを作ってしまったことがあります…。

ハーブチンキ(ハーブ抽出液)が布に付着すると、『ハーブ染め』状態になってしまうので、ご注意ください…!

【ハーブ虫除け】効果のほどは…?

さて、気になるのが、

ハーブ虫除けの効果

です!

 

一番効果の実感があったのは、『蚊(蚊の仲間も)』です!

網戸付近に滞在している蚊を見かけませんし、腕や足などに吹きかけておくと、蚊に刺されませんでした。

 

ハーブの虫除けは、

香りがなくなってきた頃=効果が薄れてきている

なので、効果の持続時間はあまりありません。

 

『ハーブ虫除けしたはずなのに蚊に刺されている!』ということがあったのですが、ハーブ虫除けを吹きかけてから半日以上経った頃でした。

ですので、『香りの有無を目安に』塗り直すのがおすすめです。

塗り直しのたびに、ハーブのスッと爽快な香りを感じることができ、リフレッシュ効果も抜群です。

 

また、その他の虫では、なぜか最近我が家の玄関でよく見かける『ワラジムシ』を撃退することができました!

ちょっと濃いめのハーブ虫除けを、玄関付近にこまめに撒いていたところ、その付近ではワラジムシを見かけなくなりました。

 

ハーブが苦手なのを確認することが出来て、ホッとしました!

【ハーブ虫除け】作り方簡単&香り良しでハマる!

ハーブ虫除け作り方4

『虫が嫌がるハーブ』で作るハーブ虫除けの作り方を紹介しました。

 

自宅で育てることができる『虫が嫌がるハーブ』として、以下のものがあります。

  1. ラベンダー
  2. ペパーミント
  3. タイム
  4. ローズマリー
  5. ゼラニウム
  6. レモングラス

『ペパーミント』『タイム』『ローズマリー』『レモングラス』なら、お料理やハーブティーにも活用することができます。

 

ぜひ、お庭やプランターなどで栽培してみてくださいね。

 

ハーブ虫除けの作り方は、

漬け込む・希釈して混ぜるだけ

なので、時間も手間もかかりません!

 

また、ハーブの香りが、梅雨~夏にかけての暑さや湿度によるイライラ・べたつきを一掃してくれます。

ぜひ、ハーブの香りを変えたりブレンドをして、ハーブの香りも楽しんでくださいね。

この記事で使用した材料

created by Rinker
¥957 (2022/12/05 19:00:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カリス成城
¥1,026 (2022/12/04 23:30:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥480 (2022/12/04 23:36:30時点 楽天市場調べ-詳細)
ハーブ虫除け作り方
最新情報をチェックしよう!