【痛みにフィーバーフュー】生理痛・偏頭痛に!痛みに良いハーブはこれ!

昔から婦人病の特効薬として使用されてたハーブです。最近では頭痛・偏頭痛の特効薬としても注目されています。頭痛・偏頭痛がありフィーバーフューを服用中の患者の70%が、しつこい偏頭痛がなくなり3人に1人はそれ以降偏頭痛が起きなくなったそうですよ。心当たりのある方はぜひ毎日の飲み物にフィーバーフュー!

>

フィーバーフューはどんなハーブ?

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%84%e3%82%b7%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%82%af

頭痛・偏頭痛・生理痛の特効薬として注目

フィーバーフューはキク科の植物で、和名を『ナツシロギク』といいます。
昔から様々な婦人病の特効薬として使用されてきました。
また、頭痛・偏頭痛の特効薬としても注目されているハーブです。
研究によると、頭痛・偏頭痛がありフィーバーフューを服用中の患者の70%が、しつこい偏頭痛がなくなり3人に1人はそれ以降偏頭痛が起きなくなったそうですよ。

肝臓・消化器系に作用

肝臓に良いとも言われているフィーバーフューは、肝機能低下に関わる症状を和らげるそうです。
また、消化器系に作用し消化促進や吐き気を鎮めるのに役立ってくれます。

子宮の活動を刺激

子宮強壮の効果が期待できるので、生理痛がひどい場合や生理不順にも効果的とされています。
ただし、子宮の活動を刺激するので妊娠中の方は控えてくださいね。
また、PMSなどで精神面の症状が強いときにもおすすめです。興奮する神経をなだめてくれますよ。

神経系の強壮

昔からヒステリーや精神疾患などにも効くといわれ多く使用されてきました。
緊張を和らげて、気持ちを軽くし安眠を促してくれるので、就寝前のリラックスバーブティーとしてもおすすめです。

アレルギーや偏頭痛の原因になる物質の分泌を抑える

アレルギーや偏頭痛を引き起こす物質の分泌を抑える働きがあることから、『天然の抗ヒスタミン剤』といわれています。
喘息、花粉症の改善などにもおすすめです。

フィーバーフューはブレンドして飲むのがおすすめ!

c6550fbe56e2204f1ae7fddd5a5ae711_s

フィーバーフューの味は一言で言うと苦い!
そのため、他のハーブとブレンドして飲むのがおすすめです。
しばらく飲んでいると苦味に慣れてくるので、もちろんフィーバーフューのみでの飲用もOKです。

ハーブティーの正しい入れ方を知ろう!

おすすめブレンド①

■フィーバーフュー
■ペパーミント
■レモングラス

頭痛を引き起こす原因となる物質の分泌を抑えてくれるブレンドです。
お好みの割合でブレンドしてみてくださいね。
目安は、ティースプーン1杯でティーカップ1杯分のハーブティーです。
合計でティースプーン1杯になるようにブレンドしてみてくださいね。

おすすめブレンド②

■フィーバーフュー
■カモミール
■アイブライト

カモミールには痛みに対して鎮静の作用があります。
また、アイブライトは古くから『目の輝きが戻る』と言われる目のハーブの代表選手です。
パソコンの作業などで目疲れが激しく、肩こりや頭痛、目の奥の痛みなどがある時におすすめのブレンドです。

オススメはカモミールとブレンドも!生理痛・PMSに!工夫して取り入れてみて!

ちなみに私はフィーバーフューとカモミールでブレンドして飲んでいます。生理痛やPMSがある時には改善に一役買ってくれますよ。

偏頭痛を放っておくと血管が縮む→血栓がつまる→脳梗塞などのリスクが高まります。
日々飲用を続けることにより、改善されたという研究もあるので、心当たりのある方は魔法瓶などで持ち歩いているといつでも飲むことができますよ♪

この記事で使用した材料




フィーバーフュー





ペパーミント





レモングラス





カモミール





アイブライト


この記事と一緒によく読まれています!

簡単!今すぐ飲める混ぜるだけのチャイティーの作り方♡

紅茶を使わないチャイティーの作り方♡免疫力アップのレシピ

[ハーブ]カモミール アイパックで目の疲れやクマに終止符を!眼精疲労対策!

【ローズヒップ効能】ニキビ・ニキビ跡の改善!予防にも!ツルリ美肌!

【シミ対策】ローズヒップティーで紫外線対策!メラニンを作らせない!

目の疲れにはアイブライト!目に良いハーブ代表 飲み方やブレンド方法

FaceBookに登録する