手作りコスメ・アロマ・ハーブ・メイク・美容・健康のブログ♡今日のきれい!を探そう!

【ティートリー効能】肌・ボディへの使い方と注意点『皮膚トラブル』に役立てよう!

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です!

ティートリーは、

優れた抗菌・抗ウイルス作用

を持つアロマです。

 

皮膚トラブル

花粉症

風邪やインフルエンザ

などの改善に役立ちます。

 

その効能から、ティートリーをスキンケアやアロマスプレーなど、お肌や体に塗布する方法で取り入れる人も多いですよね。

 

今回は、ティートリーの効能と、お肌や体への使い方・注意点を紹介しましょう。

ティートリーのプロフィールと効能

・植物名・・・ティートリー

・和名・・・ゴセイカユプテ

・産地・・・オーストラリア、ジンバブエ

・抽出部位・・・

・精油製造法・・・水蒸気蒸留法

・効能・・・リフレッシュ、ストレス緩和、抗菌、抗ウイルス、抗炎症、免疫力向上、鎮痛、消臭

・香り・・・すっきりとした強い緑の香り

 

ティートリーの効能で、とくに優れているのが、

抗菌・抗ウイルス作用

です。

 

抗菌・抗炎症作用により、お肌や頭皮に使うことで、

ニキビ肌改善

かゆみ改善

フケ予防

に役立ちます。

水虫やニキビなど、原因菌があるものに対して効果的です。

 

また、抗ウイルスの効能は、

インフルエンザ

風邪

呼吸器系の不調

鼻炎

花粉症

などの予防や改善に役立ちます。

 

ティートリーの優れた点は、効能だけではありません。

すっきりとした爽やかなティートリーの香りは、

ストレス緩和やリフレッシュにもおすすめです。

 

元気を出したい

やる気をアップしたい

イライラを落ち着けたい

こんな時にもおすすめです。

ティートリーのお肌・ボディへの使い方と注意点

ティートリー効能1

ティートリー精油は、

皮膚に刺激を与える可能性があります。

 

ティートリー精油を使う際には、

希釈する濃度や、使用量に注意が必要です。

 

ヒリヒリする

赤みが出る

など、皮膚に反応があった場合は、使用を中止してくださいね。

『希釈濃度』に注意

(公社)日本アロマ環境協会では、精油をお肌へ塗布する『アロマトリートメント』の際の『希釈濃度』は、

1%以下が目安

としています。

 

(1滴が約0,05mlのドロッパービンの精油の場合)

0,5%濃度

キャリアオイル10ml…1滴
キャリアオイル20ml…2滴
キャリアオイル30ml…3滴
キャリアオイル50ml…5滴

1%濃度

キャリアオイル10ml…2滴
キャリアオイル20ml…4滴
キャリアオイル30ml…6滴
キャリアオイル50ml…10滴

 

ティートリーの場合は、

最初は0,5%程度で使用し、体調やご自身の体質に合わせて濃度の調節をしてみてくださいね。

希釈濃度の計算方法

キャリアオイル50mlでの1%濃度希釈計算方法

  1. 1%相当のml数を算出する。
    1%=0,01なので、
    50ml×0,01=0,5ml
  2. 精油1滴は0,05mlなので、
    0,5ml÷0,05ml=10滴

ティートリーの効果的な使い方

ティートリー効能2

ニキビ・かゆみなどの皮膚トラブルに

ニキビやかゆみなどの皮膚トラブルには、先に紹介した希釈濃度で作ったトリートメントオイルの塗布がおすすめです。

ニキビに直接塗布するか、かゆみが気になる箇所にそっと塗り込みます。

脂性肌によるニキビの場合は、トリートメントオイルよりも手作りの化粧水にティートリーを利用するのがおすすめです。

その際は、脂性肌改善の効能を持つ『ローズマリー』もブレンドするのもおすすめです。

関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! スッキリとした香りが特徴的な、ローズマリー精油は、 全身を強壮・刺激して、活力を与えるアロマです。 リフレッシュ効果や記憶力を高めると言われています。 &[…]

ローズマリー効能と香りの特徴

手作りの化粧水の作り方については、こちらの記事をご参考くださいね。

関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! 季節の変化や年齢の変化によって、 肌トラブルや肌質の変化 に悩んでいる人は多いですよね。   とくに、女性はホルモンバランスの影響で1年を[…]

精油スキンケア

呼吸器系の不調・風邪の諸症状に

  1. 洗面器に40℃~のお湯を入れ、ティートリーを2~3滴入れます。
  2. バスタオルを頭からかぶり、ティートリーの蒸気をじっくりと吸入します。

 

蒸気でティートリーを吸入すると、ティートリーの香りが強く感じる場合があるので、

初めて行う際は、ティートリーの量を少なくしてみてくださいね。

ティートリーのブレンドの相性

ティートリーのブレンドの相性は、

柑橘系やティートリーと同系統のすっきりとした香りのもの

がおすすめです。

 

〈ティートリーと相性の良いアロマ〉

  • オレンジスイート
  • レモン
  • ラベンダー
  • ユーカリ
  • ローズマリー
  • ペパーミント
  • ヒノキ

 

ティートリーは、ティートリーのみでもしっかりとした香りがあり、その香りの特徴を生かすなら単品使いがおすすめです。

 

効能を相乗効果で取り入れたい場合は、効能に合わせてブレンドするのがおすすめです。

関連記事

こんにちは!poco-a-poco(@a__poco)です! なんだか、最近髪の毛がパサパサするな~orべたつくな~ 季節の変わり目って、髪の毛の変わり目ですよね。   抜け毛 フケ 白髪 […]

ヘアケア精油

『かゆみ・皮膚トラブルにはティートリー』と覚えましょ!

ティートリーの効能と、お肌や体に使う際の注意点をお伝えしました。

ティートリーの効能は、抗菌・抗ウイルス作用により、

  • ニキビ改善
  • かゆみ改善
  • フケ予防
  • 風邪・インフルエンザ予防
  • 呼吸器系の不調緩和
  • 鼻炎緩和
  • 花粉症緩和

などがあります。

水虫やニキビなど、原因菌に対する効果が期待できます。

 

その他、ティートリーの効能には、抗炎症作用もあるので、かゆみを抑えるのも得意です。

 

ティートリーの効能をお肌に取り入れる際には、

希釈濃度に注意をして、皮膚トラブルに役立ててくださいね。

 

そのすっきりとした香りは、リフレッシュ効果も大きいので、トラブル改善とともに気持ちも前向きになれますよ。

この記事で使用した材料

created by Rinker
¥1,434 (2022/09/28 06:21:56時点 Amazon調べ-詳細)
ティートリー効能
最新情報をチェックしよう!